RSS | ATOM | SEARCH
ポーランド紀行 其ノ二 ワルシャワ→クラクフ300km激走の旅
タワーリシ各位、日本列島は台風の危機下にあるそうですが大丈夫でしょうか?随分書いていませんが辛い時こそアネクドートで笑いですよ!


さて、前回の続きを本日はお送りしたいと思います。キュリー夫人の生家の前あたりで電話をもらった私は、P先輩との感動の再会を果たすべく、近くの路地を歩き回るのでした。ワルシャワ中央駅で買った地図が地球の歩き方以上に役に立つ機会がこれほど早く来るとは予想もしませんでしたが、数分ほど歩いたところで無事にP先輩と再会!彼との出会いは大学1年生の頃に遡るため、頻繁に会っていたわけではもちろんありませんが、かれこれ10年くらいの時が流れているということですね。いやあ、お元気そうで何よりです!(足折れてますけどね・・・)

 

その男は、ワルシャワ旧市街には場違いなピンクのアレンジで佇んでいたのである!(かくかくしかじかで負傷中とのことでした。文字通り骨折って迎えに来てもらってありがとうございます笑)*公然猥褻を警戒しこの距離でお送りしております。
 

さて再会を果たしたはいいもののこれからどこへ行くべきか。飲むべきか飲まざるべきか – Вот в чём вопрос – ではないですが、しばし話し合った結果、ワルシャワはこのくらい歩けば充分見所は楽しんだ筈、ということで、何と夕刻からですがクラクフへ向かうことになりました!このぐらいの話の飛躍がある点、やはりスラヴを感じずにはいられませんね。

 
行くと決まったらとにかく行く、ということで折れている足とは反対側の足で威勢よくアクセルを踏んでいただき、P先輩の車でクラクフへ向かって南へ300kmを疾走します。走っていて思うことですが、やはりポーランドという名前の通り野原というか草原が多い。素晴らしい眺めの道中とは裏腹に運転が結構荒いポーランドっ子たちに注意しつつ、車中では積もる話をしつつ我々は順調に南下していきました。



ポーレ(野原)というか草原を縫ってクラクフに向けて疾走。警察につかまったら一切ポーランド語がわからないフリをすることを前提に時速140km程の旅が続きます。

 
特に退屈もせず日々のあれこれ、思い出話のあれこれを語り、クラクフについた頃にはすでに20時半をまわっている頃でした。ホテルは先輩に手配頂いたのですが旧ユダヤ人街のど真ん中?にある綺麗なRUBINSTEINというホテル。値段もなかなかのものです。私は化粧品に全く詳しくありませんが、ヘレナ・ルビンスタイン社の創業者の方がまさに生まれ育った区画にあるということでその人の名を冠しているホテルでした。



結構雰囲気がいいでしょう・・・?ああ、お嬢さんと来たかったなあ・・・笑


休憩もそこそこに我々はディナーを摂りに外出。ホテルの部屋のガイドブックにあったレストランを訪ねてみた(といってもホテルのお向かい)のですが、生憎の満席。それでは仕方ないということでホテルの一階のレストランにて食事を摂りました。ホテルのレストランもガイドブックに載っていて、非常に雰囲気がよい空間でした。以下、我々の乱暴な食欲の餌食になった料理たちを紹介します。



何の変哲もないポーランドビールに始まり・・・



今ではもう内容もよく覚えていない美味しい前菜をつまみ・・・


メインを頂きました。そう、初めて貴女に触れた時のように柔らかかった・・・(でも、いつ?君は誰だ?そして僕は何処?)


諸々の話がヒートアップしてきた後半はP先輩チョイスのお洒落なワインとのハーモニーも楽しむことが出来、まさに300kmを走破して来た甲斐があるクラクフの夕べ。まだ観光もなにもしていませんけどね。

 

美味しくて歯に穴が開いても致し方ないと思える程のデザート。カロリー?ポーランド語ですか?
 

本題の欧州・ユーラシア懇親会の話はもちろんのこと、様々な話題について意見や情報交換が出来た美味しく楽しいディナータイムも終了。明日の観光もあるしエネルギー充電のために休むぞ!・・・というわけにも行かず、アルコールを摂取して気分のよくなった我々はクラクフの夜の街に繰り出すのでありました(笑)いやあ、P先輩は学問だけではなくて遊び方も心得ていらっしゃる。かくかくしかじかの事情でそう遅くはならずにホテルに戻ってきたものの、結構非日常的な場面の一端を覗かせて頂いた気がします。



というわけでミニ・バーの充実しているホテルの部屋に戻り・・・



ベッドに大の字になって旅の疲れを癒すのでありました。明日はクラクフ観光しまっせ!


そんなわけで、些か忙しかったかもしれませんが、ポーランド紀行一日目の夜は静かに更けていくのでした・・・ドブラノツ!


↓クリック宜しくお願い致します↓
人気ブログランキングへにほんブログ村 外国語ブログへ にほんブログ村 海外生活ブログ ベルギー情報へ
author:駆け出し俳優, category:週末紀行 - ポーランド, 23:43
comments(2), trackbacks(0), - -
Comment
とても魅力的な記事でした!!
また遊びに来ます!!
ありがとうございます。。
履歴書の封筒, 2012/10/21 1:01 AM
こちらこそ、ありがとうございます。履歴書を出す時が来たらお世話になります。
駆け出し俳優, 2012/10/22 4:18 AM









Trackback
url: http://daikon-actor.jugem.jp/trackback/74