RSS | ATOM | SEARCH
ドイツ週末紀行其ノ一 汗と涙と男と女
タワーリシ各位、bonsoir!


今週も気がつけば金曜日が無事に終わってしまいましたが、23日はロシアでは祖国防衛の日という男性の祝日ですね。女性から贈り物を貰った男性の数もとても多かったことでしょう・・・そんな男性諸君、3月8日の国際婦人デーは頑張って下さいね・・・(笑)


さて、先週末にはかくかくしかじかでドイツ・デュッセルドルフへと出かけてきました。会社でいつもお世話になっている社員の方のご厚意で車に乗せてもらい、同期と合わせて3名の旅でした。


朝の7時少し前に出発し、途中時速200kmというスピードでの走行をしたりしながら9時過ぎにはデュッセルドルフに到着しました。何となく街並みが変わってきたかな・・・?あ、ドイツ入ってたわ!というような感じで、「ドイツなう」してしまったわけです。


到着してまずしたことは、、、なんと日本食材の買い出し(笑)通りの名前は忘れましたが某H社さんのビルがあるお向かい辺りに2件ほど日本食材を扱うお店があり、そこに突撃したわけです。中に入ると、ああ、そこには日本がありました・・・こんなに食材が揃っているお店がある場所に駐在したら、ダメになりますぜ・・・(何がダメになるのでしょうか笑)


それぞれ好きなものを購入し、まずは第1の目的達成。私はカレールーと蕎麦と柿の種あたりを買いこみました。いつ料理するかは未定ですがね・・・


そして3匹は本来の目的である柔道観戦へと向かったのである!



すごいですね。ホール造っちゃうとは。


会場に着くと、既に結構混んでいました。実は柔道観戦は初めてだったのですが、やはり生で見る試合は迫力があって素晴らしい。最初の方は日本勢の応援で声を出すのも何だか気恥ずかしい感じがしましたが、でかい声張り上げて応援するのも次第に爽快になってきて、身体もポカポカ。いいもんですね。


私が通っていた高校は、体育の科目と柔道の科目が別れていた(よね?)ため、柔道も2年程取り組んだ記憶があります。こうして試合を見ていると、冬に冷たい畳の上で準備体操をした場面とか、投げられて大変痛かった場面とか、受け身の練習の時に1m以上ジャンプしてから受け身をとっていつも先生に誉められていたクラスメートがいたことなどが思い起こされて余計力もはいりました(笑)



こんな感じで4つの舞台の上で試合が同時に展開されていきます。地元の応援団も凄まじい迫力でドイツ人選手を盛り上げていました。


会場の応援では、ブブゼラ?あり、太鼓ありのともすると非常に騒がしい場面もありました。地声と手拍子だけで頑張っている方としては太刀打ちは容易ではないですが、一生懸命応援する気持ちは皆一緒ですもんね。



各国国旗掲揚。こちらは52kg級橋本選手が優勝した際にパシャリとやったものです。決勝は日本対ロシアだったもので、何と言うか、いや、手に汗握りました。腋にも汗かいたかもしれません(笑)


そんなわけで、日本食は買えたわ日本人選手は優勝するわで大満足のデュッセル1日目。2日目も応援するためホテルまで予約してありましたので、この後3匹はチェックインに向かい、夜の街と繰り出すのでした・・・


そうそう、応援と言えば、柔道ではないところでころすけ殿も応援してきた模様です。


http://bukkorosuke.jugem.jp/?day=20120225


肝心の?デュッセルドルフの夕べについては、後半へ〜続く!(笑)



お昼ご飯にはご覧の「匠」にて野菜ラーメンといくら丼を食すという大事件を起こしてしまいました。いやあ、本当に美味しかったです。またダメになりますぜ・・・


↓クリック宜しくお願い致します↓
人気ブログランキングへにほんブログ村 外国語ブログへ にほんブログ村 海外生活ブログ ベルギー情報へ
author:駆け出し俳優, category:週末紀行 - ドイツ, 04:37
comments(3), trackbacks(0), - -
Comment
いやぁ〜ドイツには日本があるね。
いい具合にダメになれて、楽しい旅だったのでは?
Osuichi, 2012/02/25 2:35 PM
ドイツにも足をのばしましたか。
君ってやつはグローバルなやつだぜ、まったく!

そばはやはり外せないか笑
うどんも買ってカレーうどんなんてのもありだぜ。
らはりく, 2012/02/26 4:30 PM
>Osuichi殿

仰る通り、いい具合にダメになれてとても楽しかったです。ポーランドあたりで精鋭メンバー集合したいですね!

>らはりく殿
蕎麦は外さんぞ!しかしカレーうどんもいいねえ。パスタの茹でる時間のルールを無視して茹で続けるとうどんに変身するのですぐにでも出来るかも・・・?(笑)
駆け出し俳優, 2012/02/26 9:32 PM









Trackback
url: http://daikon-actor.jugem.jp/trackback/56