RSS | ATOM | SEARCH
飛散=悲惨
JUGEMテーマ:クラシック音楽


皆様、ご無沙汰しております。相変わらず花粉症がひどく、マスクとティッシュが手放せない日々を送っておりますが、 目のかゆみ、鼻のムズムズ、くしゃみは如何ともしがたいものですね・・・


今朝目を覚ますと青空が目に入り、「絶好の飛散日和だぜУРАААААААААА!!!!」という花粉たちの声が聞こえてきた気すらしましたが、こちらにとっては飛散=悲惨な結果を招くこととなります。花粉症でさえなければポカポカ春日和で言うことなしなのですが。


さて、今日は知り合いの方が代表をつとめるアマチュア楽団「アンサンブル・フォルツァ・ウーノ」の第3回演奏会@凸版ホールを見に行って参りました。曲目は以下の通り。



メンデルスゾーン: 「真夏の夜の夢」序曲
ベートーヴェン: ピアノ協奏曲 第4番 ト長調
(Piano 独奏 加納 裕生野)

ベートヴェン: 交響曲第8番ヘ長調



モスクワにいた時は演劇ばかり観に通っていて、バレエ・オペラ・クラシック音楽などは本当に数える程しかいかなかったという見方によっては残念な経験の持ち主である私ですが、劇場やホールと言った空間は好きなので知人2名と連れだって観に行ってきたというわけです。


クラシックの何たるかは全くわからない私(まあ、演劇も然りですが)ですが、あの小柄な女性指揮者(沖澤 のどか先生)から生み出されるパワーに驚嘆し、そして加納 裕生野先生のピアノ独奏の音色には涙が出そうになりました。楽団の方々は皆一生懸命そのものであり、各人が仕事を持ちつつも練習を重ね、こうして演奏会を実現させることができるのは実に素晴らしいことであると感じました。私もロシア語絡みで人集めて何かしら出来ないかしらん。私は演劇でも演奏会でも、俳優や奏者の表情を見たいと考えるため可能であればなるべく舞台の近くに座ることにしているのですが、本日しっかりと皆様の渾身の表情を見せて頂きました。


よく?演奏会の途中に居眠りをしている方がいらっしゃいますよね。このことについて、「みんなが一生懸命弾いているのに居眠りとは何事だ、けしからん!」と考える人もいると思います。しかしその一方、同じホール内で、つまりかなり近くで弦も管もパーカッションも鳴っているのに眠れるということは、その演奏に力強いながらも人間をリラックスさせる要素が含まれているということなのではないか、と私は思います。それがテンポなのか、ある楽器の音色の組み合わせなのか、旋律なのかはわかりませんが、居眠りにもいろいろあるんだろうな、ということをここ最近コンサートに行く度にあれやこれや考えています。


今日のステージが素晴らしかったことは言うまでもなく、また何名か以前から知っている方も弾いていましたので居眠りとはならなかったことはここにご報告申し上げておきます(笑)


カラオケに行って大音量で歌うのもよし、スタジオに入って歪んだギターをかき鳴らすのもよしですが、こうして生音の力強いアンサンブルを聴くのもその爽快感は格別ですね。こうして週末に息抜きをしてストレス発散すれは、明日からまた頑張れるというものですね。


さて、今日はオーケストラネタをいくつか読んで寝るとしましょうか。


Дирижер в течении 25 лет перед каждым концертом вытаскивает из-за пульта записку, читает ее и начинает концерт. Однажды “первая скрипка” решил посмотреть и прочитал: “Скрипки – слева, виолончели – справа.”


ある指揮者は25年もの間、コンサート前に毎回譜面台からメモを取り出し、それを読んでから指揮を振り始めている。ある時、第1バイオリン奏者が意を決してそのメモを見て読んだ:「バイオリンは左側、チェロは右側」


・・・25年経ってもなかなか覚えられないこと、あるいは何度確認しても忘れてしまうこと、よくありますよね(笑)外国語学習にもそれは付き物だと思います。



На репетиции оркестра дирижер недоволен игрой ударников: - Если музыкант не может ни на чем играть, ему выдают две палочки, и он становится барабанщиком. Театральный шепот из оркестра: - А если он и с барабаном не справляется, у него одну палочку отбирают, и он становится дирижером.


あるオーケストラのリハにて、指揮者はパーカションの演奏に納得がいかずにこう言った:「もし音楽家が何の楽器も演奏出来ない場合、そいつには棒が2本渡されて太鼓打ちになるんだもんな」
これに対する舞台のオーケストラからのひそひそ声:「もしそいつが太鼓でもダメだった場合、棒を1本取り上げられて指揮者になるんだもんな・・・」


・・・なるほどね!指揮者って楽器経験者も多いみたいですけどこういう背景があったのね!(笑)みんながみんなこういうわけではないですが、ここでのパーカッションの反撃はすさまじい(笑)


また月曜から頑張って参りましょう!


↓クリック宜しくお願い致します↓
人気ブログランキングへにほんブログ村 外国語ブログへ

ロシアの劇場では休憩時間にシャンパンを飲んでイクラのオープンサンドをよく食べてました・・・また行きたいなあ。。。
author:駆け出し俳優, category:日々是小咄 - その他, 23:54
comments(0), trackbacks(0), - -
Comment









Trackback
url: http://daikon-actor.jugem.jp/trackback/32