RSS | ATOM | SEARCH
ドイツ週末紀行其ノ四 花より団子作戦
(7月21日のお話)


昨日は大学時代のタワーリシにも再会出来たし、子育ての研修も出来たし、ベルリンの壁も見られたし、盛りだくさんの日でした。今日の夕方のフライトで帰るので、昨日の帰り道に通りかかったDDR博物館とカリーヴルスト博物館に顔を出してから帰りたいと思います。


DSC09273.JPG
というわけでやってきましたDDR博物館。DDRとはドイツ民主共和国(Deutsche Demokratische Republik)、通称「東ドイツ」の略称です。


かなりの数の訪問者で賑わっていましたが、それもそのはず、内部では東ドイツ時代のナロードの生活に関する多くの展示を見学することが出来るのです。


DSC09274.JPG
こちらは東ドイツ時代に国民車と言われたトラバント。多くのファン(?)がひっきりなしに群がっていました。


DSC09279.JPG
当時のナロードが使用して茶器や食器でしょうか。マルクスみたいな人の顔がプリントされているのが見えます。


DSC09281.JPG
東ドイツの青年たちは、このラジカセで音楽を聴きながら、スタンドの灯りでせっせと勉強していたのでしょうか・・・


DSC09282.JPG
同志レーニンが・・・


DSC09284.JPG
当時の東ベルリンの街の空気を切り裂いていたと思われるバイク。


DSC09285.JPG
一言でいうと嗜好品ってやつですかね。


DSC09286.JPG
「東ドイツ製」というアネクドートですね。オチはわかりましたか?(笑)


DSC09287.JPG
市民の暮らしの中の日用品にスポットがあたっているのがなかなか面白いところです。


DSC09291.JPG
至る所にこのような引き出しがあって、開ける度に色々なアイテムが飛び出してきます。DDR博物館ではとにかく引き出しに注意してください(笑)


DSC09293.JPG
東ドイツでの刊行物です。アネクドート集がどれだけあったかは定かではありませんが・・・


DSC09294.JPG
なんと、「居間」ですら展示されていました(笑)東ドイツの暮らしを疑似体験出来てしまいますよ。


DSC09296.JPG
マトリョーシカは見逃さないぜ・・・


DSC09295.JPG
もちろん、洗面所もトイレもあります。こちらなんかまさにロシアの地方都市のそれですよね。


DSC09297.JPG
キッチンだってあります。ああ、ボルシチ飲みたい・・・


こうした場所では展示品を手に取ってレトロを体感することが出来ます。東ドイツに興味津々なタワーリシ各位はチャンスを見つけて是非とも訪ねてみてください。


DSC09298.JPG
計画経済と綿花不足により化学繊維を用いた衣服がほとんどだったんですね。衣服には凝れないので、変化はアクセサリーでつける、と。


DSC09300.JPG
というわけで、ライプツィヒの美人さんたちらしいです。


DSC09301.JPG
ポリエステル製のイブニングドレス(を身にまとった美人さんたち?)


DSC09302.JPG
しっかりと現物展示も為されていましたよ。


DSC09303.JPG
Levi'sのデニムなんかは本当に品薄で取り合いだったとか


DSC09309.JPG
キリル文字で書かれた直筆書簡。モスクワ在住のイリーナさんがお友達に「なんでお便りくれないの?」みたいなこと書いてます。


DSC09310.JPG
キリル文字アルファベットに関する説明なんてもしっかりされていました。私はこれまでポーランド語とかチェコ語とかをゆる〜くかじりましたが、やはりローマンアルファベットとキリルアルファベットを比較すると、スラヴ語をやればやるほどキリル文字の便利さを感じずにはいられませんね。


DSC09311.JPG
「キリル文字をスタディしちゃおうぜタワーリシ各位!」みたいなコーナーもありましたよ。もっと気の利いたフレーズを残しとけばよかった(笑)


DSC09317.JPG
博物館内には見学可能な独房もあります・・・


DSC09320.JPG
某Volvo社の車両が展示されていました・・・


DSC09321.JPG
東ドイツのナロードの皆さんにとってVolvo車ってどんな位置づけだったんでしょうね・・・


博物館内の見学を一通り終えると、博物館内のレストランに出ることが出来、こちらでは東ドイツ時代の料理を楽しむことが出来ます。私がここにきた目的は博物館内の展示よりもむしろこちらが主な狙いだったのです。そう、「花より団子作戦」の全貌はこれです(笑)


DSC09322.JPG
メニューを見ると、料理によっては東ドイツ市民の生活に密着したコメントがついていて楽しませてくれます。


DSC09323.JPG
まずは、何はなくともビールで乾杯。暑いので沁みわたります。


DSC09325.JPG
レストラン内は結構オシャレで、誰でも気軽に腰かけて楽しめる雰囲気です。私の前のテーブルには1人旅と思われるお嬢さんが腰かけていらしたのです・・・


DSC09327.JPG
メニューを熟読した後、東ドイツで広く飲まれていたというスープであるソリャンカСолянкаを注文しました。ロシアやウクライナのスープと思っていましたがやはり東ドイツのナロードも飲んでいたのですね。スメタナも乗っててボルシチみたいです。ちょっぴり塩味が強かったですがビールのお蔭で美味しく頂きました。


DSC09328.JPG
そして、メインはご覧のポークカツレツとポテト・・・もの凄いボリュームですね。まだお天道様が昇っているとはいえ、これはカロリーがハンパない数字になることを考慮し、鉄の意志でポテトは半分残しました。ちなみに写真の飲み物はVita Colaという東独生まれのコーラ飲料です。レモン風味が強くてなかなか美味しいですよ。


お昼過ぎにはカリーヴルスト博物館に寄ってから空港に向かいます。


人気ブログランキングへにほんブログ村 外国語ブログへ にほんブログ村 海外生活ブログ ベルギー情報へ
author:駆け出し俳優, category:週末紀行 - ドイツ, 11:39
comments(0), trackbacks(0), - -
Comment









Trackback
url: http://daikon-actor.jugem.jp/trackback/153