RSS | ATOM | SEARCH
オーストリア週末紀行 其ノ四 というかスロヴァキア日帰り紀行 其ノ一だね
(5月19日のお話)


昨晩はウィーンに来たことも忘れてロシア料理店で静かにアツい夜を過ごさせてもらいました。二日酔いも特に問題ないので、今日は隣国スロヴァキアの首都ブラチスラヴァを目指してみたいと思います。というわけで、オーストリア週末紀行ですが、今回はスロヴァキア日帰り紀行でもあるわけですね。



大きな地図で見る

ご覧のように、地図で見るとウィーンとブラチスラヴァは100劼睥イ譴討い覆い鵑任垢諭9圓方を事前に調べてみたところ、鉄道、バス、船の3パターンがある模様です。ドナウ川を船に揺られていくなんて何てステキ!とも思ったのですが、結構料金が高い上に、いつもの通り直前に旅程が決定する旅なので、希望の往復時間のチケットを取ることが出来ませんでした。そんなわけで、バスでブラチスラヴァを目指すことに。


まずは地下鉄に乗ってバス乗り場のあるU3 Erdbergを目指します。


DSC05953.JPG
ウィーンの地下鉄はこんな感じで結構きれいです。車両の内部も然り、でした。


DSC05957.JPG
Erdberg駅についたら、乗って来た車両の進行方向にある出口を上がり、右に進んで道路を渡って地上に降りるとこんなチケット売り場があります。往復券で13ユーロくらいだったと思います。


DSC05958.JPG
こんな様子で皆さんバスを待っています。ほとんどが観光客かな?中には土曜日の晩をウィーンで遊び倒してスロヴァキアへ帰るって感じのお嬢さん方もいましたけどね。


DSC05960.JPG
幸い渋滞もなく、ウトウトしながら快適なバスの旅を1時間ほど続けていると・・・


DSC05962.JPG
ドナウ川のすぐそばにあるバスターミナルに到着しました。ブラチスラヴァも快晴でとっても暑い!


早速付近を徘徊することとします。主な見どころとしてはブラチスラヴァ城と旧市街の街並みがあるそうですが、まずはすぐ近くのNovy most(新橋、でしょうかね?)という橋を渡ってドナウ見物です。


DSC05969.JPG
高台にブラチスラヴァ城が見えました。「ひっくり返したテーブル」なんて呼ばれて親しまれているとのことですが、まさにそんな外観ですね。


DSC05972.JPG
橋の中頃から見たドナウの流れ。こちらは上流側です。


DSC05974.JPG
対岸の水辺にも行ってみました。サイクリングをしている人がとても多かったです。


DSC05975.JPG
ドナウ川はドイツ南部のシュヴァルツヴァルトという森林地帯に端を発し、流域は10か国にもおよび黒海に注ぐヨーロッパで2番目に長い大河です(全長2850辧法え?それじゃあヨーロッパ1番の川は何かって?・・・そんなもん、母なるヴォルガ(全長3690辧砲坊茲泙辰討襪犬磴△蠅泙擦鵑!ちなみに我らがホームグラウンド多摩川は138劼任垢辰董ΑΑΑ幣弌


橋を渡って戻ってくると、今度は旧市街の方を目指して歩みを進めていきます。


DSC05986.JPG
スロヴァキア語ではお城のことをHradというのですね。旧市街の見学を終えたらスロヴァキア城にアタックをかけてみるつもりです。


DSC05988.JPG
こちらはペスト終結記念碑だそうです。ウィーンにもありましたが、各地でこういった記念碑が残されていることからするとペストの流行というのは当時の人々にとって本当に恐ろしい出来事だったのでしょうね。


DSC05989.JPG
聖マルティン教会。14世紀初頭に建てられた初期ロマネスク様式の教会であるそうな。


DSC05992.JPG
ちょうどこの辺りはお城と旧市街の間にあたるのでしょうかね。この不思議なモニュメントはホロコースト記念碑であるとかないとか。


DSC05998.JPG
教会の中は見学しませんでしたが、脇を通って旧市街中心部を目指し路地を進んで行きます・・・


DSC06002.JPG
路地裏マニア垂涎の1枚・・・?


DSC06005.JPG
Venturskaという通り。同じ通りですがここから少し北に行くとMichalskaという名前に変わる模様です。両側にレストランやお土産物屋があり、往来で賑わっている通りです。


DSC06007.JPG
何とも魅力的な入り口のラウンジバー・MASQUERADE(仮面舞踏会)。まさかまだ営業してないよね・・・?


DSC06011.JPG
Michalska通り。奥に見える塔のある建物がMichalska branaミハエル門です。日も高くなってきて汗ばむ陽気です。


DSC06013.JPG
わかる、わかるぞ・・・ここは間違いなくお土産屋さんだ!文字は異なりますがたまにロシア語と似た語が登場するのもスラヴ語地域の旅の楽しみの1つですね。


DSC06014.JPG
どうも、暑い中お勤めご苦労様です。


DSC06016.JPG
この3人はロシア語を話していたみたいでしたが、このお嬢さんがたの向こう側にあるのがミハエル門です。もともと旧市街は城壁に取り囲まれておりいくつかの門があったそうですが、唯一現在まで残されているのはこのミハエル門であるとか。塔の部分は武器博物館になっているそうなので銃剣マニアの方にはオススメかもしれません。


DSC06020.JPG
またも路地裏マニア垂涎の1枚!・・・かどうかはわかりかねますが、本当に歴史を感じる家々ばかりですね。


そんなこんなでとぼとぼ歩いていると、Františkánske námestieという広場に出ました。(フランシスコ広場ってとこでしょうかね?)


DSC06022.JPG
広場の入り口にあった教会。写真の男性はムーンウォークをしているわけではございません。


DSC06024.JPG
中に入ってみましたが誰もいませんでした。が、涼しいのでしばし瞑想。


DSC06029.JPG
広場に入っていくとご覧のようにクマさんが歓待してくれました。僕は君の仲間じゃないんだけどね・・・


DSC06030.JPG
クマさんの後ろには写真のようなモニュメントがありましたが、何であるかは不明。何かの泉でしょうか?ご存知の方は是非とも教えて下さい。


DSC06032.JPG
広場ではこじんまりとしたマーケットが開かれていました。


DSC06034.JPG
丁度日陰になっているので足を止めてしばし見てみたくなります。


DSC06036.JPG
なかなか珍しいお土産も売っていたみたいですよ。普段自分用に何かを買うことは非常に稀なのですが、後で時間あったらまた寄ってみようかな・・・


DSC06038.JPG
さて、そのまま進んで行くと旧市街の中心、フラヴネ広場(Hlavné námestie)にやってきました。


DSC06039.JPG
カラフルな建物が多く、噴水もあって穏やかで美しい広場です。


DSC06040.JPG
どうも、暑い中お勤めご苦労様です。警備兵の方でしょうか・・・?


DSC06041.JPG
旧市庁舎の建物。塔の外壁は薄いレモン色、そして何という部分かわかりませんが、3つ並んでいる窓の外側のピンクと白の模様、何てカラフルな彩りなのでしょう!


DSC06043.JPG
既にお気付きの方もいらっしゃると思いますが、日本大使館もこの広場に面して居を構えているんですね。1階はお土産物屋みたいですがいい場所にありますね(笑)


DSC06046.JPG
この噴水はロランドの噴水(Rolandova Fontána)という名前だそうで、1572年に当時のハンガリー王マクシミリアン2世が公共の水汲み場として建設を命じたそうな。人気待ち合わせスポットの1つでもあるそうですよ。


DSC06050.JPG
広場にはSUSHIレストランもあり・・・


DSC06051.JPG
広場の近くの通りにはシャウルマ屋もある・・・朝ごはんも食べずに汗ばむ陽気の中を歩き回っていたのでお腹はペコペコです。どこかに腰かけてスロヴァキア料理を食べたいところです・・・


DSC06054.JPG
ミハエル門をくぐって右に行くと「あれ、旧市街ってこの辺りまでなのかな?」と思うほど人通りがまばらになりました。


DSC06055.JPG
Hurbanovo námestie。この辺りは通りが広く、トラムの線路も多く敷設されています。旧市街がここで終わり、というわけではないですが、見どころが多い地区からは外れてしまった模様ですね。


DSC06057.JPG
トラムも走っていなかったので、少しお昼を過ぎてしまいましたが引き返してランチを摂りたいと思います。


DSC06059.JPG
途中、何かの撮影クルーのような青年が2人、路地を映像に収めていた模様です。


観光客向けのお店でもいいので、何がしかのスロヴァキア料理を食べてみようと思い、ミハエル門の近くのレストランに腰を下ろしました。


DSC06061.JPG
まずはチェコビールで水分を補給しながらリラックスしつつメニューと睨めっこし、ハルシュキ(Bryndzové halušky)という料理と、名前は失念しましたが「ミックスグリル串焼き」的な料理を頼みました。暑い中歩き回っていたのでビールが喉に沁みわたりました・・・


DSC06062.JPG
さて1番手にやってきたハルシュキ。じゃがいもと小麦粉を練って作った団子状のもの(イタリアでいう、ニョッキ)を茹で、羊チーズのソースを混ぜ、カリカリのベーコンをトッピングして食すという郷土料理。


味は美味しいのですが、これだけでぱくぱく食べるものではなく、メインの付け合わせ的に食べるほうがいいのかな、と思いました。というのも・・・


1)ベーコンの脂とチーズ、少々の塩加減が合わさってなかなか美味しいのですが、チーズが濃厚で重い(クセのあるチーズが苦手な人は好まないかもしれません)。


2)もう1品頼んだ「ミックスグリル串焼き」的な料理が肉も野菜もたいそうなボリュームだったことが明らかとなった。


DSC06063.JPG
というわけで、こんな料理が出てきてしまったのですが、意外に色々な種類の野菜が入っていて美味しく頂くことが出来ました。肉も野菜も細かく切ってよ〜く咀嚼して、かなり時間はかかったのですが完食。一方のハルシュキは少し残してしまいました。


些かゆっくりしてしまいましたが、お昼過ぎも街歩きを続行し、お城に攻め入るだけのエネルギーは充分補給出来ました。特に帰りのバスの時刻は決まっていないので、引き続きのんびりとブラチスラヴァの街を散策してみます。


↓宜しければクリックお願い致します↓
人気ブログランキングへにほんブログ村 外国語ブログへ にほんブログ村 海外生活ブログ ベルギー情報へ
author:駆け出し俳優, category:週末紀行 - オーストリア, 08:00
comments(0), trackbacks(0), - -
Comment









Trackback
url: http://daikon-actor.jugem.jp/trackback/126