RSS | ATOM | SEARCH
ブルガリア週末紀行 其ノ一 ソフィアでの珍しい出会い
タワーリシ各位、気が付けば新年度に突入してしまいましたが、お元気にお過ごしでしょうか?


ベルギーでは夏時間も始まり4月に入り、随分明るくなってきたな、といったところです。新年度ともなれば様々な出会いや別れがあり、色々な節目があるでしょう。


先の4月1日はイースター(復活祭)・マンデーで祝日だったため、週末との3連休を利用してこの度やってきたのはブルガリア、バルカン半島初上陸です。ヨーグルトやバラで有名だというようなイメージしかありませんでしたが、キリル文字がある以上はいつか行かねばなるまい、と思っていました(笑)そんなわけで、ブラッセルからブルガリア・エアーを利用して首都ソフィアへ向かいます。


飛行時間は2時間チョット、8時50分発の12時30分着、時差は1時間です。ウクライナに行った時と同様、今回も着陸時に拍手が沸き起こるかどうか非常にドキドキしていたのですが、無事着陸したことを知らせるアナウンスと同時に割れんばかりの盛大な拍手が、そして「ブラボー!」という歓声が聞こえてきました。


天候は特に悪くなかったのですが、これまでで1番揺れた飛行だと感じるくらいだったので、乗客の皆さんも乱気流を見事に捌いたパイロットに一層の敬意を表したのでしょうね。今回もこの瞬間が体験できて大感激でした。


空港に降り立ってまず感じたこと・・・人が少ない、そして若干暗い。不思議な感覚です。空港を出る前に100ユーロ程をブルガリアン・レフに両替しておきました。


DSC04667.JPG
空港の施設なんぞは結構きれいなのですが、スカスカな印象です・・・


DSC04660.JPG
実はこれは帰りに空港で撮った1枚ですが、山が近くにあるのが印象的でした。普段ベルギーの生活では山が空を切り取るという場面が目に入ってこないので、山岳地帯(笑)出身の私としては何だか非常な親しみを覚えましたね。


空港にもいわゆる白タクみたいなのはいなかった模様なので、タクシー乗り場に歩いて行くと、いかにもレオニード・ガイダイのコメディに出てきそうな50歳くらいの運ちゃんが「乗れよ」と合図をしてくれました。


この運ちゃんの名はヴァーシャと言い、働いてるのか仕事しているのか、ブルガリアは初めてか、など色々とブルガリア語でまくし立ててきました。私はブルガリア語を一度も勉強したことはないのですが、同じキリル文字を使用しているので語のレベルでは結構わかることが多く、また会話も強引にしてしまえば意外と出来てしまうものでした。


予約していたホテルの前でヴァーシャに別れを告げホテルにチェックイン。実は前日の出張者対応で若干飲み過ぎた感があったので、ホテルの一室で一息ついてから街歩きに出発したのです・・・


地球の歩き方も持ってきていたのですが、折角なのでホテルでもらった地元のシティマップを手にして街歩き開始です。銀行やら官庁?やらの重厚感のある建物と結構古そうな住宅用の建物が混在している街並みは、ロシアなんかの地方都市に似ているなと思わせるものの、色使いなどが独特で、これが南スラヴ的なるものなのかな?と、要するに読んでいてもいまいちピンとこない(笑)不思議な雰囲気が感じられました。


しばらく歩くとスヴェタ・ネデリャ広場に到着しました。トラムやバスが頻繁に発着している街の中心とも言える広場。カジノがあるような大きなホテルもすぐ近くにあるので割と大勢の往来が見られました。


DSC04229.JPG
スヴェタ・ネデリャ広場にある同名の聖ネデリャ教会。ロシア語側から推測すると、聖なる週という意味なのでしょうか?詳しい人はご教示ください。


市内の観光名所は中心部から徒歩圏内にあるということなので、とにかく歩き回って街を散策します。


DSC04228.JPG
いきなりですが、こちらがKFCソフィア店でございます。普段KFCを見ることなんてないので「久しぶりにケンタッキー食べたいな・・・」なんて思ってしまいましたが、いやいや折角来たんだからブルガリア料理だろ、ということでガマン(笑)


DSC04340.JPG
こちらは旧共産党本部ビルでございます。上の方にНАРОДНО СЪБРАНИЕと書いてありますね。この通りには右を向いても左を向いてもこのような迫力のある建物が並んでいます。右手に行くと大統領官邸と国立考古学研究所付属博物館があります。


DSC04246.JPG
大統領官邸の目の前にある国立考古学研究所付属博物館。1494年に建てられたイスラム寺院が19世紀から博物館として使われているそうです。


DSC04245.JPG
大統領官邸の入り口では衛兵さんたちが厳めしい表情で目を光らせていました。お勤めご苦労様です!撮った時は確認しませんでしたがちょっと写真が傾いちゃってますね、、これだから素人風景写真家は・・・(笑)


こんな風にしていつもの如く街を歩き回っていると、「すみません、日本人の方ですか?」と、後ろの方からまさかの日本語が聞こえてきたのです!我が耳を疑いつつもスローモーションで振り向くと、そこには学生と思われる男性が立っていました。普通こんな形で話しかけられたら警戒してしまうと思うのですが、悪そうには見えなかったので話を聞いてみることにしました。


彼はまだそれほど日本語が流暢ではなかったので、英語と日本語交じりでよくよく話を聞いてみると、アニメが好きで日本に興味を持ち日本語を勉強し始め、なんと最近文部科学省の留学プログラムに合格し、この4月から東京に行くとのこと。もう明後日に出発が迫っているので、ソフィアを発つ前に街の写真を撮っているのだということでした。


「へえ、そりゃすごいね、がんばって!」ということで、自己紹介やら世間話やら、東京にいってからの予定やらを聞いて話し込んでいたのですが、こんな偶然で日本人に会えて非常に嬉しい、何か手伝えることはないか、と気を遣ってくれました。流石にこれから街を案内してくれというのも躊躇われたので、初めてのブルガリア旅行なので是非ともブルガリア料理を食べたい、いくつかレストランを教えてもらえないか、と尋ねてみました。


すると、少し離れたところで車で待っている母にも相談してみる、ということで、どうやら方々に電話をしてくれて、3つレストランを教えてくれました。非常に一生懸命調べてくれたみたいで何だかかえって恐縮してしまいましたが、ありがたくレストラン情報を頂戴しました。御礼を言って連絡先を交換し、彼の日本での留学が充実したものになるよう祈って握手をしてお別れ。お母さんにもご挨拶をしましたが、別れ際に「サヨナラ」と言ってくれたのが嬉しかったです。東京外語大の日本語教育センターにいく可能性もあるなんて言っていたので、東京でスラブ、バルカンを研究している友人知人に近く紹介出来ればと思っています。


いやあ、何の宛てもなくブルガリア来ちゃったけど、こんな珍しい出会いもあるものなんですね。嬉しい寄り道でしたが、レストランも教えてもらったし、また街歩きを再開です!


↓宜しければクリックお願い致します↓
人気ブログランキングへにほんブログ村 外国語ブログへ にほんブログ村 海外生活ブログ ベルギー情報へ
author:駆け出し俳優, category:週末紀行 - ブルガリア, 23:57
comments(0), trackbacks(0), - -
Comment









Trackback
url: http://daikon-actor.jugem.jp/trackback/109