RSS | ATOM | SEARCH
冬のフランス週末紀行 其ノ三 パリの中の小さなロシア - スィロークのノスタルジア
トヨタのショールームを後にした我々が向かったのは、セーヌ川の中州のようなシテ島という場所にあるノートルダム大聖堂というローマン・カトリックの大聖堂。ノートルダムという名前は色々な場所で聞かれると思いますが、その意味は「我らが貴婦人」ということで、聖母マリアのことを指すとのことです。


移動には専らメトロを使ったのですが、パリの地下鉄はスリが多く要注意です!実際我々が移動している時にも小さな子供たちの集団がある駅で乗ってきて、混んでいる車内を縫うように移動していきました。隣にいたお兄ちゃんが自分のポケットをパンパン、と叩く仕草をして「Pickpocket(スリ)だよ」と教えてくれたので、まさかとは思いましたが周囲の雰囲気などからも、やはりこの子供たちがスリの集団であったようです。私も「ねえねえ」といった体で腕の辺りをポンポンと叩かれ、「なに?」と言ってしまったのですが、このようにして気を引いて他の仲間がポケットを漁る、なんて風にしているのでしょう。


幸い貴重品類は内側の胸ポケットに入れていたので何事もなくやり過ごすことが出来ましたが、その子たちは次の駅で全員きれいに降りていったのを見るとやはり組織で活動している模様ですね。タワーリシ各位もパリに遊びに行く機会がある際には是非とも地下鉄内のスリにはお気をつけ下さいね。モスクワも勿論ですが。


 DSC03780.JPG
まだ温かくて天気がいい季節に来た際には人が多すぎて中を見学する気も起きなかったのですが、この日は人はいたもののごった返している感じは皆無。今日こそは中を見学出来るね!


DSC03782.JPG
聖堂の近くには数多くの鳩たちに愛されている名物おじさんのような方がおはしました。この天気じゃどうみても寒いだろうという格好をしていたのですが、やはりここまでくると悟っている部分もあり、身体的な寒さなどは全く問題としなくなってしまうのかもしれませんね。柔らかな眼差しで鳩に餌をやり続けていました。


大聖堂の中はやはりあまり混んでいませんでした。芸術的・学術的にどうかはてんでわからないのですが、私はステンドグラスを見るのが好きなので特に教会や聖堂でも退屈しないのです。


DSC03787.JPG
神懸ってますでしょうか・・・


DSC03790.JPG
毎回教会やら聖堂やらに来るたびに非常に厳かな気分になるのですが、その一方で、信仰って何なのだろう、とか、果たして自分はこのために教会に通ったり発言したり行動したり出来るのだろうかと、どこかで宗教的なものに自分は溶け込めないのではないか、という確信や諦めみたいなものを感じるんですよね。


DSC03799.JPG
降臨しちゃってそうな雰囲気が満々でした・・・


さて、ノートルダム大聖堂を出ても相変わらず寒いのですが、セーヌ川沿いを歩いていると陽気な連中に出くわしました。


DSC03806.JPG
川沿いで賑やかに演奏しちゃってます!雪も寒さも吹っ飛ばす勢いで、演っている方も見ている方も楽しそう!こういうのにせえので入っていけるようになりたいものですね。


この後は、ディナーまで若干の時間があったので、まずはホテルにチェックインして身軽になろう、ということでいったん同志と別れてホテルにチェックインをしにいきました。メトロの駅からも近くて非常に便利なホテルだったので良かったです。


ホテルで一息ついたあとは、今晩のディナーに向かうのですが、少し時間が早いのでS氏とブラスリーに座ってビールを堪能。社会人生活のあれやこれや、駐在生活のあれやこれやを語らせて頂きました。そしてこの後!ですぜタワーリシ各位!


ディナーに選んだアルジェリア料理店の程近くに、パリの中の小さなロシアがあったのです・・・!すでにビールで景気づいた我々はそのロシア食材店に、「ウラー!ダヴァイダッヴァイ!」ってなノリで突撃をかましたのです。



そのお店はパリの一隅でひっそりと息を潜めていました・・・しかしこのРусский стандардの販売促進アイテムときたら!


こんな素晴らしい空間がパリにあったとはつゆ知らず、しばし至福の時を店内にて堪能致しました。


DSC03807.JPG
カルバサ、スィルがひしめき合っています・・・レストランはやめにしてホテルに戻ってこれらをつまみに乾杯してもいいくらいでしたね。


DSC03811.JPG
やばいぞ、何だか郷愁を誘うアイテムが並んでいました・・・


DSC03812.JPG
なななんと、冷蔵コーナーにはアレがあったのでした・・・!!!


DSC03813.JPG
冷凍ペリメニはもはや家族持ちお母さんも独身の兄ちゃんも購入する便利なメニュー。本当は小麦粉をこねて作りたいことですが、冷凍ペリメニの浸透率はきっと本土でもかなり高いと推測しますよ。



他にも店内には有名チョコレートやら・・・


DSC03814.JPG
キリル文字で説明が書かれている各種の食材がどっさり・・・素直に感動を覚えてしまいましたよ・・・(笑)


DSC03817.JPG
ロシアで一番有名?と言っても過言ではないアリョンカのチョコレート。


DSC03818.JPG
Птичье молокоなんてのはA.オストロフスキーの作品なんかにも出てくるんですよね・・・おぼろげな記憶ですが・・・


DSC03819.JPG
フルーツジュースの「Моя семья(私の家族)」なんと懐かしいのでしょうか!それなりに大変だったモスクワ時代が思い起こされて泣けてくる気分です・・・(笑)


DSC03821.JPG
この微炭酸飲料の美味しさを舐めるなよ・・・ラトビアでも2杯飲んだほどの美味しさ・・・とっくにご存じなんだろ?こいつがソ連時代のコカ・コーラこと、クワスだ!!!



この棚から私はニシンの缶詰を2缶、こないだキエフで食べたハルチョー(グルジアのスープ)の素を選びました。


他にも色々と買い物をし、時間もいい時間になってきたのでお店を後にしレストランに向かいました。観光よりここでの買物に満足してしまったかもしれません(笑)


DSC03829.JPG
アルジェリア料理の夕べ・・・


DSC03822.JPG
ところで、買ったものの中でも一際輝いていたのがこのСырок(スィローク)!レストランのテーブルに置いて眺めてしまいました。私はこのお菓子に目がなく、よくモスクワの街を歩きながらかじっていたのですが、このシリーズ(ピノキオ?でしょうね?)は初めて見ました。


DSC03826.JPG
スモークサーモンのサラダ。スモークサーモンも大好物です。


DSC03827.JPG
アルジェリアのワイン。何というか、欧州のワインより辛口で強い。一本を2人で飲んだのですが結構酔っぱらった気がします・・・


DSC03828.JPG
クスクスやグリルなどが次々に出てきます。ほとんど英語は通じず苦戦したお店でしたが、メニューを選ぶ際、量について質問すると「そちらのムスィウは体が大きいので食べられるでしょう」みたいなことを言われたのだけわかりました。フランス語で、「ここのお店はなかなかユニークな接客だね(笑)」と言い返せなかったのが悔やまれます。お料理の味はなかなかのもの。かなりリーズナブルな価格でお腹一杯料理を食べることが出来ました。たまのエスニック料理もいいものですね。


雪化粧の中、半日街を歩き回ったこともあり、結構アルコールが沁みたということもあるのでしょう、我々はいい気分でレストランを後にしました。明日どこにいくかもはっきり決めていませんでしたが、まあそこはどうにでもなる、とうことで今宵はお開き。もちろんホテルまでの地下鉄の乗車には細心の注意を払って帰りましたよ。明日も天気が大きく崩れないといいのですが。


DSC03830.JPG
ホテルの部屋についてニンマリしながら撮ってしまった1枚。まだニシンの缶詰が1缶、ハルチョーの素、クワス、キセーリが残っています。クワスやキセーリは量のことを考えると作るに作れないでいるんですよね・・・残念ながら?スィロークは48時間以内に完食しました(笑)


↓クリック宜しくお願い致します↓
人気ブログランキングへにほんブログ村 外国語ブログへ にほんブログ村 海外生活ブログ ベルギー情報へ
author:駆け出し俳優, category:週末紀行 - フランス, 20:34
comments(0), trackbacks(0), - -
Comment









Trackback
url: http://daikon-actor.jugem.jp/trackback/104