RSS | ATOM | SEARCH
一石三鳥

かくかくしかじかで学生時代にならったロシア語。


かくかくしかじかで露西亜にいた時分には其れなりに使っていたのだが、最近その運用能力の衰えが激しい。


どうしたらいいかと思い悩んだ結果、ながながと原文を読むのも気が滅入るし、そもそも辞書をひくことはなるべく避けたい。そこで、超短編やら短い笑い話・小咄なんかをよく読めばいいという結論に達した。


ご存知の方も多いと思うが、ロシアこそ小咄大国、小咄超大国。街を歩けばあちらこちらでヒソヒソと話をしては肩を震わせて笑っているおじさん方がとっても多い。


僕も噺家になったつもりで、手元にある小咄集の中から幸運にも最後まで読むことができ、なおかつオチが理解できたものを紹介していこうと思う。


そうすれば気軽にロシア語にも触れることができ、なおかつ笑ってストレスを発散でき、さらにはユーモアの修行もできてしまうという一石三鳥だ。無論、本当に笑えるかどうかは定かではないが・・・


今回は医者に関するものから。



・脳なし

「先生、人間は脳がない場合どのくらい生きられるんでしょうな」

「ところでお歳はお幾つですか?」



・確かにおかしい

「先生、どうも主人の様子がおかしいようですの。朝、コーヒーを飲みながらコーヒーカップを食べちゃうんですけど、カップの取っ手だけ投げ捨てるんですの・・・」

「ふむ、確かにおかしいな。だって一番おいしいのは取っ手のはずなのに」



・全て酒のせい

「あなたの悪いところは、全部アルコールのせいですな」

「先生、ありがとう!てっきり全部俺のせいかと思ってたんだ・・」



・なれるかなあ

問診にて。

「お歳はお幾つですか?」

「もうすぐ40になります」

「なれるかなあ・・・」



さて、笑えるかどうかはともかく、明日やってくる山場を越えれば楽になる。


この続きは夢の中で、Спокойной ночи!

author:駆け出し俳優, category:日々是小咄 - 医者・病院, 00:50
comments(2), trackbacks(0), - -
風邪に御用心
今年も残すところあと僅かとなってきました。


とは言っても、まだ仕事を納めたわけではないのであれこれ振り返るのは早いかもしれませんが、今年も本当に色々な出来事がありました。そして、数えきれない新たな出会いもありました。


ここ数年、その年を振り返りつつ翌年の目標・抱負などを考えている間にタイムオーバーで翌年が到来してしまうという失態を繰り返している私ですが、今年はなんとかそうならないように年末を過ごしたい・・・


そんな思いを込めて心を落ち着かせるために、今日もいくつか読んでから寝ようと思います。



今日は何だか仕事中も風邪っぽかったので、タワーリシ各位も風邪などひかぬようハラショーな日々をお送り下さいね。風邪だからというわけではないですが、今回も医師関係のものをいくつか。



"ВТОРАЯ ЖЕНА"
 - Доктор, умоляю, приезжайте немедленно. У жены сильный приступ аппендицита!
 - Не волнуйтесь. Два года назад я сделал вашей жене операцию и удалил отросток. У человека не может появиться второй аппендицикс!
 - Правильно, доктор. Но у человека может появиться второя жена.


・2番目の・・・
「先生お願いです、すぐに来て下さい。うちのが盲腸でえらく痛がってるんだ!」
「心配ご無用。二年前私はお宅の奥さんに手術をして虫垂を取ってしまいました。人間には2つ目の虫垂が現れることはありません!」
「そりゃそうだよ先生、でもよ、2番目の奥さんが現れる人ってのはいるんだからよ」


・・・読み切って笑うというよりは納得してしまった感じですね。ブラックジャックもメスの誤り。違うか。


"ЗАЧЕМ ЖИТЬ"
Там же. Входит дед и спрашивает:
- Доктор, я проживу еще 20 лет?
- Хмм. Курите?
- Нет!
- Пьете?
- Нет!
- С женщинами балуетесь?
- Да нееееее!
- А нахрен вам тогда жить еще 20 лет?


・何のために生きるのか
診察室。老人が入って来て尋ねる。
「先生、わしゃあと20年は生きられますかな」
「ふむ。煙草は?」
「やりません!」
「お酒は?」
「やりません!」
「ご婦人方とは?」
「とんでもない!」
「だったら何のためにあと20年生きるというんです?」


・・・酒、煙草、女とは、先生ロックンロールですかい(笑) ソ連ロック、ロシアンロック侮るなかれ、ですよ。「ご婦人方とは?」の部分は「ガールフレンドは?」でもよかったかなあ。


私がかつてロシアにいた時には幸いにして大きな病気にかかることはありませんでした。ちょっとした腹痛や風邪程度のものはありましたが、先程の話のような盲腸ですとか、あるいは虫歯なんかになっていたら、治療はとても大変だっただろうなと思います。


ロシアの都市はそれほどたくさん訪れたことがあるわけではありませんが、薬局がとても多いという印象が今でも残っています。今はどうかわかりませんが、モスクワでは特に下の写真の薬局があちこちにありました。


「薬局」と書かれています

「薬局」と書かれています。シンプルイズベスト。


さてここで簡単な問題。写真中の36❤6とは何でしょう?


ロシア通の方はもうご存知だとは思いますが、ロシア人の平熱だそうです。36❤6なんて書くとドキドキして解りにくかったかもしれませんが、何人かの友人に聞いたところ平熱だと言っていました。私は知りませんでしたが、まさかこれは常識?


この薬局の中は、陳列されている商品をレジに持っていって会計をするタイプでしたが、以下のような伝統的?タイプの薬局も多く、小窓の所で係の人に商品を言ってとってもらって買物をしたことも何度となくありました。まず、ロシア語でちゃんと言いたいことを伝えるのが緊張することこの上ない。「あんた何よ?歯ブラシ?固め?」みたいな無愛想な店員さんも少なくないですからね。


だんだん慣れてくると、これも修行!と思ってあれこれヘンなものを買おうと試みた時もありましたが、係のお姉さんが美人でこちらがひるんでしまったり、これじゃ俳優失格です(笑)






さて、こんなことを書き連ねていたら夜ももう遅いので短いのをあと一つ。


"ЗАЧЕМ?"
- Дорогой мой, вам обязательно нужны очки, - говорит врач только что вошедшему клиенту.
- Но вы, доктор, даже не проверили мое зрение!
- Зачем? Вы же вошли ко мне через окно!


・何のために?
「あなたにはどうしても眼鏡が必要ですな」 - 医師は、たった今入ってきた患者に告げる。
「でも先生、視力検査すらしてないじゃないですか!」
「何のために検査を?今あなた窓から入ってきたじゃありませんか」


・・・Дорогой мой, なんて訳せないよ。。。と言いつつも、クスリと笑ってしまいました。(べ、別にさっきの薬局とかけてるわけじゃないんだからね・・!)残念ながら私はロシア語学者でも教師でもないので、ロシア語を頑張って勉強している方々などは私の書くことを信じてあてにすると大変なことになる可能性があるので注意してください(笑)



誰かが言っていましたが、ロシアは半分だけ信じて、半分は信じないくらいでちょうどいいんです。



こんなことを書くとチュッチェフも持ち出したくなりますが、まだ明日も明後日もあるのでまた気が向いた時に。 →
人気ブログランキングへ
author:駆け出し俳優, category:日々是小咄 - 医者・病院, 23:21
comments(8), trackbacks(0), - -
マスク女子増加中!

いや〜一週間とうとう終わりましたね。本当にホッとしています。


今日はそこまで業務でてんてこ舞いということもなかったのですが、昨晩どういうわけか寝違えたようで首の左側〜肩甲骨の辺りが痛くて仕方がない。パソコンの画面とにらめっこをしつつも、痛がっていたら定時を迎えてしまった、そんな一日でした。立ったり座ったりしても痛い、左を向こうとすると特に痛い。週末に飛び回ったり出来ないと困るので、今夜は上手に眠ろうと思います。


さて、それはそうとインフルエンザが猛威を奮っているようですね。皆様の周りでは大丈夫でしょうか。うちの会社では数名罹患したとの情報が出ていましたので、皆様も御用心下さいね。インフルの流行の他に、この時期は花粉症が始まる時期でもありますね。私もかれこれ小学校に入る前くらいから花粉症に悩まされていますが、お酒を飲むようになってから若干症状が軽くなった気がします。「そんなことあるかいな!?」と思うかもしれませんが、体質が変わったのかもしれません。


会社でも街中でも随分とマスクをしている人が増えてきたように感じますが、私もマスクや目薬を購入して花粉対策をしっかりするつもりです。ちなみに私は、「マスクをしている女性が魅力的に見えてしまう病」の患者です・・・「仮面の告白」ならぬ「マスクの告白」。違うか。


自分でもなぜかよくわからないのですが、マスクで顔の大部分は隠れているはずなので、見えない部分を想像あるいは妄想できるというのが性に合っているのかもしれません(おかしいでしょ?)でも、見えそうで見えない、何か思い当たる節のある読者諸君は多いのではないでしょうかねえ(笑)


インフルも花粉症も笑いでぶっ飛ばせたらよいのですがまだまだそのレベルに到達するには修行が足りませんので、本日は医者・病院関連のものをいくつか読んでみたいと思います。



- Здравствуйте, доктор, как мои анализы?
- Hе могу вас порадовать, голубчик, помрете скоро.
- Так, сколько же мне осталось?
- 10...
- Чего 10? Месяцев, недель..?
- 9, 8, 7 ...


「先生、宜しくお願いします。私の検査(結果)はどうでしょうか?」
「芳しくありませんねえ、あなた、じきに亡くなりますよ」
「じゃあ、一体あとどれくらいの時間が残されているんですか?」
「10...」
「10ってどういうことです?10か月?それとも10週間・・・?」
「9, 8, 7...」


・・・余命宣告ってやつですが、まさカウントダウンが始まるとは・・・(笑)不謹慎かも知れませんがこういったケースの場合死因が気になるところです。



Врач-психоаналитик пациенту:
- После вашего обследования у меня для вас две новости - хорошая
и плохая. Плохая - вне всякого сомнения, вы скрытый гомосексуалист.
Пациент:
- Какая же может быть хорошая?!
Врач подсаживается ближе:
- Вы симпатичный!


精神分析医が患者に言う。
「あなたを検査した結果、2つお知らせすることがあります。良い知らせと悪い知らせです。悪い知らせとは、あなたは間違いなく潜在的なホモ・セクシャリストです」
患者が答える。
「良い知らせとは一体どんなことなんですか!?」
医師は患者の傍に腰掛けて言う。
「貴方はチャーミングだ!」


・・・先生は本当に真面目に検査したのでしょうか・・・患者にとっては2つとも悪いニュース、医師にとっては2つとも良いニュースですね。ドクハラってやつですか(笑)



Врач после операции спрашивает больного о его самочуствии.
Больной:
- Сейчас вроде нормально, а вот до операции было такое чувство, как
будто топором по голове ударили...
Врач:
- Мои извинения, у нас хлороформ кончился.


手術後に医師が患者に具合はどうかと尋ねた。
患者:「今は何ともないようですが、手術前はこう何か、斧で頭をガーンと殴られたような・・・」
医師:「申し訳ございません。当院ではクロロホルムを切らしておりまして」


・・・たらい、とんかちなどで頭を叩いて気絶させるとなるとコントの匂いがしますが、流石ロシア人。斧とは恐れ入った。余程強力な麻酔だったのでしょう。クロロホルムってよくTVなんかで後ろから急に嗅がされて拉致されたりするあれですが、人類の英知ウィキなんとかによると、心毒性があるだの不整脈を引き起こすだので使用されなくなったそうですね。へえ。



Больной показывает врачу совершенно черный язык.
- Что случилось?
- Пол-литра водки случайно на свежий асфальт разлил...


患者が医師に、真っ黒黒に汚れた舌を出して見せる。
「どうしたんですか?」
「ウォッカを500グラム、工事したてのアスファルト道路にうっかりこぼしちまいまして・・・」


・・・ほうこれは大変だ。工事がようやく終わって一杯やろうとしてたんでしょうな。落としたものを3秒以内に拾えば大丈夫などという世にも不思議な「3秒ルール」なんてのを聞いたこともありますが、こちらは何分くらいでアスファルトをペロペロしたのでしょうか・・・



Звонок в скорую:
- Скорая слушает.
- Мой ребенок проглатил авторучку !
- Хорошо, мы выезжаем.
- А что мне делать ?!
- Пишите пока карандошем.


119番への電話。
「はい、救急です」
「うちの子が万年筆を飲み込んじゃったんです!」
「わかりました、いま向かいます」
「あの、どうしたらいいでしょうか?」
「しばらくは鉛筆で書いていて下さい」


・・・ええ、そうですよね、万年筆がなくても鉛筆で書けば特に問題なく続きを書けますよね!ってそちらですかい。しかしスーパーレビョーナク、万年筆を飲み込むのも至難の業だぜ。



Вpач пациентy:
- Hе бyдете пить - пpодлите себе жизнь.
- Сyщая пpавда, доктоp! Всего неделю не пил, так она мне годом показалась.


医師が患者に言う。
「飲まなければ、長生き出来ますよ」
「そりゃまったくもって真実だな、先生!ここ一週間飲んでねえが、まるで一年のように感じられたもんな」


・・・こう捉えると酒も煙草もタイムマシンみたいなもんですね!禁煙、禁酒中の方々は長生きしていると思ってがんばって下さい(笑)



尊敬するアントン・パーヴロヴィッチ・チェーホフ大先生も飲んだというサッポロビール(札幌のジンギスカン屋にて撮影)。これを飲まなければ、一週間が一年に化ける??


楽しい週末の到来ですが、まずは首の痛みを何とかします(笑)


それでは、皆様も良い週末を!



↓クリック宜しくお願い致します↓
人気ブログランキングへにほんブログ村 外国語ブログへ

author:駆け出し俳優, category:日々是小咄 - 医者・病院, 01:01
comments(2), trackbacks(0), - -
アボカドを出来るだけ上手に剥きたい夜もあるさ

休み明け月曜日の憂鬱を静かに噛みしめているタワーリシ各位、今日もお疲れ様でした!


暑い日々が続きますが、元気にお過ごしでしょうか?私はと言えば、見るからに暑がりそうな外見とは裏腹に、暑さにめげずに果物ナイフでアボカドを上手に切ることに最近注力しています。


週末には久し振りに学生時代に所属していたサークルに先輩と顔を出してきたのですが、その変わりようにビックリ!ロシア関連のクリエイティヴなインカレサークルなのですが(笑)、学生の数は多いわ大学の種類も多いわで、何というか、非常に大きな可能性が感じられました。私も大学1年〜卒業するまで5年間所属していましたし、今でも同じ時期を過ごした先輩後輩とは会ってお酒を飲んだり、良い関係を続けています。そこに一貫して流れているのはアットホームな雰囲気と各人の各人なりのロシアに対する情熱です。


きっと今のメンバーたちもそのように結ばれていることは間違いないと思うのですが、一方で、人数が増えるとなるとなかなかそのアットホームさを各員に浸透させるのも難しいのか、幹事側の学生たちは変革を求めているかのような意見も聞かせてくれました。いいじゃないですか、自分達がおかれている環境の中で試行錯誤し、良いものを追い求めていく。特に定まった顧問や権威を持たない、手作りのインカレサークルだからこそ、そういった一歩一歩の経験が勉強になり、将来につながっていくというものです。感心したことにOB・OGとの交流も検討しているとのこと、それでは一緒に酔いものを追い求めようではありませぬか。大学を卒業して4年だか5年だかが経過し、若干学生世代と断絶の感も否めなかった今日この頃ですが、企画が具体化した際にはサークルOB・OGのタワーリシ各位には目覚まし時計のように電話をし矢のようなメールを送りつけたいと思っていますのでよろしく(笑)


さて、そんなわけで皆それぞれの週末があり毎日があり、それぞれの喜怒哀楽があるわけですが、「やい、いつになったら小咄を書くんだ!お前の戯言は笑えないんだよ!」というお便りも何通かもらっておりますので、今日は久し振りにいくつか読んでみようと思います。暑さを吹き飛ばせるような笑いなどは間違っても期待しないで頂きたいのですが、熱中症に負けるなということで医療もの。


Выходит из своего кобенета стомотолог. Задумался, сел на диван и расплакался.
Секретарша спрашеваит:
- Что случилось, Андрей Вячиславич?
- У меня богатый клиент.
- Ну так это же хорошо!
- Да? Клиент та богатый, только у него все зубы здоровы!!!


診察室から歯科医師が出てくる。医師は考え込み、ソファーに腰掛けて泣きだした。
秘書が尋ねる:
「アンドレイ・ヴャチスラヴィッチ、どうしたんですか?」
「金持ちの患者が来たんだ」
「それは良かったじゃないですか!」
「そうかね?患者は金持ちは金持ちなんだが、歯には全く問題がないんだよ!!!」


・・・わざわざ穴を開けて埋めるわけにもいかず、通常の検診や歯垢除去だけでは高額な治療費を請求できないですもんね。歯が丈夫でお金持ちの患者さん、果たしてそれは患者と言えるのでしょうか(笑)



Врач на обходе говорит больному:
- У меня для вас есть две новости: плохая и хорошая. С какой начать?
- Начните с плохой.
- Мы вам отрезали правую ногу вместо левой.
- Ну, а хорошая?
- Хорошая новость в том, что мы и левую ногу не должны были резать.


医師が回診である患者に言う:
「貴方に2つお知らせがあります。良い知らせと悪い知らせなのですが、どちらからにします?」
「悪い方からお願いします」
「我々は、貴方の左足のかわりに右足を切断してしまいました」
「うむ、で、良い方は?」
「良い知らせとは、左足はそもそも切断すべきではなかったということです」


・・・やった!左足は悪くなかったんだ!・・・って、2本に1本の籤ではないんですから、先生お願いしますよ。良い知らせと悪い知らせがあります・・・という形式の小咄はとても多いので皆さんも面白いものを見つけたら教えて下さいね。



Сибирь, тайга, два геолога сидят у костра. Один отходит по малой нужде в кусты и там его за член кусает гадюка. Бросается он с криком к напарнику:
- Коля, Коля свяжись по рации с врачом, пусть скажет что делать.
Коля связывается с врачом, так мол и так - человека гадюка
укусила - что делать? Ну врач и советует: надо наложить жгут, отсосать кровь из ранки... Укушенный срывающимся голосом:
- Коля, Коля что сказал врач, говори, почему ты молчишь?...
Коля, медленно снимая наушники:
- Помрешь ты Вася...


シベリアはタイガの密林地帯。地質学者が2人、焚火のそばに座っている。1人が焚火から離れ小用を足しに茂みへ入ったところ、アソコをまむしに噛まれてしまった。彼は飛び上がり叫び声とともに相棒に言った:
「コーリャ、コーリャ、無線で医者に連絡をとって、どうしらいいか聞いてくれ」
コーリャは医師に連絡をとり、人間がまむしに噛まれたらどうするべきか、あれやこれやと指示を聞く。医師は医師で、撚り紐で縛らなくてはだめだ、傷から血を吸いだせ、などと対処方法を助言する。
噛まれた方は声も途切れ途切れに言う:
「コーリャ、コーリャ、医者は、何て言ったんだ、、何で黙ってるんだ・・・?」
コーリャはゆっくりと無線機のヘッドホンを外しながら言った:
「諦めろ、ヴァーシャ・・・」



・・・想像を絶する痛さと言ったところのお話ですが、黙っている間、コーリャの頭の中では様々な葛藤があったのでしょうね(笑)最後の(あるいは最期の?)一文は「お前死ぬぜ、ヴァーシャ・・・」という訳になるかと思いますが、この訳だと解釈が分かれるのかな?私は敢えてコーリャの決意を踏まえて「諦めろ」としてみました。コーリャの運命やいかに!?(笑)


Доктор говорит пациентке:
- Вы полностью излечитесь если перестанете играть на пианино.
После ухода медсестра спрашивает:
- Доктор а какая связь между пианино и ее болезнью?
- Она живет этажом выше меня.


ドクターが女性患者に言う:
「ピアノを弾くことをやめればすっかりよくなりますよ」
患者が去ったあと看護婦が尋ねる:
「先生、ピアノとあの人の病気と、どんな関係があるんですか?」
「あの女性はうちの上の階に住んでるんだよ」


・・・先生の言いつけを守ってピアノをやめてくれさえすれば、先生の不眠症が治るのでしょうか(笑)



Врач - больному.
- Затрудняюсь поставить вам диагноз. Hаверное это алкоголизм.
- Ладно. Тогда я зайду когда вы протрезвеете.


医師と患者の会話。
「貴方の症状に診断を下すのは難しいですな。たぶんアルコール依存症でしょう」
「ならいいよ。それなら先生の酔いが覚めたらまた寄りますわ」


・・・なるほど!先生がある中で診断を下せないのね(笑)世の中には様々な思考法がありますね!



さて、そろそろ皆様を熱中症にかけてしまうといけないので、今日はこの辺りで。暑さに負けず、頑張ってまいりましょう。


↓クリック宜しくお願い致します↓
人気ブログランキングへにほんブログ村 外国語ブログへ


最近はご無沙汰してしまっています・・・

author:駆け出し俳優, category:日々是小咄 - 医者・病院, 01:29
comments(0), trackbacks(0), - -