RSS | ATOM | SEARCH
英国紀行 其ノ一 約38kmの海底旅行
タワーリシ各位、気がつくと6月に入ってしまっていますが、お元気にお過ごしでしょうな?ベルギーも日が延びていい時期になってきましたが、仕事の方は相変わらずてんてこまいなドタバタ劇を繰り広げています。もっと要領よく、大局観を持って各種の問題にぶつかっていければと常々思ってはいるのですが・・・


まあ、業務の熟練に近道はないと考えていますので平日は泣いたり笑ったりしながらも仕事に取り組んでいくとして、今回は週末〜祝日を利用して行ってきた英国紀行のお話です。


企画当初はフェリーに車を乗せてドーヴァー海峡を渡るという話を同期としていたのですが、「ユーロトンネル」の運行する列車に車を乗せて英仏海峡トンネルを渡れるサービスがあることが発覚し、そちらの案に決定!5月17日(木)の祝日にフランスのCalaisという場所まで車を飛ばしてユーロトンネルシャトルに乗り込んだのでした。トンネルの距離としては海底部は37.9kmで世界1位の長さ、陸上部を含めた長さでは全長50.5km、青函トンネルに次いで世界第2位だとか。



車で来ているのになんちゅうモンを宣伝しとるのでしょうか・・・








こんな感じで続々と乗り込んでいきます。


列車内は結構狭く車に乗ったままなのですが、ものの35分で英国に入れてしまうあたり、ヒト・モノ・カネの移動が自由であるEUはすごいですね(英国はポンドですが)。英国入りしてからロンドンまではさらに2時間ほど運転します。英国はベルギーと異なり左側通行、さんざん会社の人から気をつけろと言われていたので運転には細心の注意を払いました。


ロンドン到着は夕方だったのでツーリストインフォカウンターに乗り込みお姉さんに宿を見つけてもらいます。英国に来て感じる事ですが、「英」というだけあって英語の本場、発音も聞き取りにくいしこちらの話す英語もなかなか聞き取ってもらえない。ブラッセルで日頃ベルギー人たちとお互いの母語でない英語でやりとりをしているといい意味で「ブロークンイングリッシュ耐性」のようなものが養われると思っていたのですが、本場はやはり違いますね。


カウンターのお姉さんには予算面も含めて難題を押し付けてしまい、彼氏が仕事終わりを待っている中方々へ電話をかけてもらってホテルを決めてもらいました。デート前にいらいらさせてしまい申し訳なかったですが、まあいいじゃん、これからデートなんだし!(笑)


ホテルが決まった我々はなんとかチェックイン(ここで一悶着あったのですが)した後、トラファルガー広場を通り過ぎ、街に出て夕食を摂りました。街の至るところに国旗が掲揚されていましたが、まだオリンピックムードではなかった模様です。食卓にはかの有名なフィッシュ&チップスやら、かの有名なベーコン&エッグ?などが並び、私はギネスビールを美味しく頂きました。「英国の食事はまずい」というような話も聞きますが、どうなんでしょう、まだそれを判断できる段階ではなかったのかもしれません・・・



トラファルガー広場では屋外でオペラ中継をしていました。なかなか良いサービスですね!



カウントダウンも始まっていますが、それほどオリンピック一色という印象は受けませんでした。


昨日まで仕事だったせいか何だか疲労感があった我々は、お姉さんが一生懸命探してくれた掘り出しもののホテルに帰り着き、ビールなど飲みつつ明日の旅への英気を養うべく眠りに就くのでありました・・・


↓クリック宜しくお願い致します↓
人気ブログランキングへにほんブログ村 外国語ブログへ にほんブログ村 海外生活ブログ ベルギー情報へ
author:駆け出し俳優, category:週末紀行 - 英国, 20:15
comments(0), trackbacks(0), - -
英国紀行 其ノ二 「例えば君が石に話しかけたとしても、ヘンジはしないだろう」
英国滞在2日目。イングリッシュ・ブレックファストというのでしょうか、ホテルにてビュッフェスタイルの朝食を摂りました。お約束のベーコン、スクランブルエッグ、ポーチドエッグなどの顔ぶれが並んでいます。普段は朝食をほとんど食べないのですが、トマトジュースとスモークサーモンがあったため無駄にテンションが上がってしまい、結果、活動エネルギー満タンの状態で朝食終了。


チェックアウト後はロンドンから車で西に向かって疾走します。本日第1の目的地は「ストーンヘンジ」。世界遺産であるらしいこと、何だか神秘的な場所なんだろうなあ、ということぐらいは事前に聞いたり思ったりしていましたが、実際車で行くとなるとどんなものなのだろう、という思いでアクセルを踏み込みます。


ロンドンから西南西140キロ程の距離でしょうか、サウザンプトンへ向かう途中M3を降りて南ではなく西へ向かっていきます。→このへんです。http://goo.gl/maps/6OOh


都市部を離れてからの道のりを大雑把に説明すると、草原、牧場、菜の花畑、これに尽きます。羊や牛、馬などがのんびりと暮らしていて、その横を人間たちが乗用車で排ガスを出しながらすっ飛ばしていく・・・


そんな道のりを2時間弱も来たでしょうか、途中2車線が1車線に合流する箇所がありものすごい渋滞が起こり辟易してしまったのです・・・が、そのあたりは英国といったところでしょうか、皆文句も言わずに抜かしたりもせず一列に並んで待っています。ハンドルを握っているのは英国紳士ばかりとは限りませんがこれはお見事。





これだけ見通しがいいならそろそろ見えてくるかな?といったところで辺りを見回してみると・・・あの不思議な石の大群が草原の真ん中にありました!いや〜こんな場所だったのですね、周りはド田舎なので何もなく、石と羊と菜の花畑、そしてただただ草原が広がるのみです。私の出身地付近も山と川しかない性質の異なるド田舎なのですが、イギリスのド田舎も悪くないですね。



来ちゃいました!雨が降らないで本当に良かったです・・・



明け方とか夕暮れとかに、かなり神秘的な写真が撮れるのかもしれません。



バレエだかフィギュアスケートだかのカップルが来ており、素晴らしい演技を披露してくれていました。観光地で変わったことをしたくなるのは観光客の常なのでしょうかね・・・



お姉さま方もストーンヘンジをバックに素敵なスナップショットを撮るのに夢中になって、カワイイもんだなあ・・・なあんて思っていたら、左後方に凄い人がいました。これはまさしくストーンヘンジからスピリチュアルなパワーを貰ったのでしょう。もはや凄い「人」ではなく凄い「石」と訂正させて頂きます。当然ですがこれは石なので、倒れることもなく長い間この状態でしたよ・・・大丈夫だったかな、お兄さん(笑)


バスやら車やらで途切れることなく観光客がやってきますが、オーディオガイド付きで石の周りをぐるっと回って見学はお終いなのでそれほど時間がかかりません。売店で石器時代のことが詳しく書かれた新聞風の雑誌とストーンヘンジ定期入れを購入し、外のベンチでスモークサーモンのサンドウィッチを消化してストーンヘンジ攻略終了。
 

ストーンヘンジをうろうろしたした後はさらに車を南西にぶっ飛ばし、ドーチェスターという町へ向かいます。ここの町の南東にある海岸線が「ドーセットと東デヴォン海岸」というので有名らしいのですが道がわからない。とりあえず近くの釣り道具屋に入り猟銃やフライのファッショングッズなども置いてある店内を物色、駐車場を使うのと情報を引き出すことを目的にルアーまで購入(笑)し、店員さんたちを巻き込んで行き方の説明をしてもらったのでした。





その後結局近くのツーリストインフォでも情報をもらって海岸に向かったのですが、途中の道がそれこそ何にもない。「こんなとこに来た日本人が果たして何人いるだろうか・・・」と思うような道を車で進んで行ったのですが、細い道を海岸の近くに下っていくとキャンピングカーがあったり、宿泊用のプレハブ小屋が立ち並んでいたりと、規模は小さくとも観光でこの地域が成り立っていることがうかがえました。→このへんです。http://goo.gl/maps/eEUf 海岸がある辺りはドーチェスターから更に南東のラルワースの辺り。


車を停めた場所から海岸までは100m以上高低差があるでしょうか、非常に急勾配の道になっており、靴がすべりそうなのと断崖から下を見下ろすことででひやひやした(実は高いところはあまり好きではない)のですが、その雄大な景色に息を飲む思いをしました。NHKさんの説明によると、2億5千万年前から始まる三畳紀から、ジュラ紀、白亜紀へと続く中生代の地層が連続して見られることで有名なのだそうです。発見した化石のお持ち帰りは自由だそうですよ。






この海岸の見所として「ダードル・ドア」という岩が削れて出来た見応えのある門があるのですが、他には特に何もなく、海岸と、ものすごい傾斜の地層があるのみ。夏は海で遊べるのかもしれませんが、この日は曇り時々霧雨だったので結構寒かったです。


当初の予定ではこの後バースという観光地を目指す筈だったのですが、結構時間を使ってしまったため結局ドーチェスターに戻って宿を探す事にしました。街の通りを歩いているとベッド屋が目に入り「ベッドだけあってもなあ・・・今はホテルが入用なんだが・・・」と思っていると、なんとその向かいにホテルがある。すかさず飛び込みレセプションの英国紳士に宿の都合を聞き、特に問題もなかったので即決しました。いやあ、運がよかったです。





今宵の宿も決まり落ち着きを取り戻した我々は街で一番人気?のイタリアンへ向かいます。見ると続々と人々が入ってきて、本当に客足が途絶えることがない。実はホテルから近かったから行っただけなのですが、料理も美味しく、イタリアのビールやら、サーモンのペンネやらに舌鼓を打ちました。


石やら海岸やら地層やら、様々な自然にぶつかることの出来た1日でしたが、海岸までの上り下りは軽い登山のようなものだったので足には心地よい疲労感が感じられます。イタリアンの最後に食後酒として飲んだリモンチェロもいい具合に利いてきたので水を買ってそのままホテルに帰着し就寝。明日19日(土)はロンドンに一気に戻り、ロンドン観光を満喫する予定です。


↓クリック宜しくお願い致します↓
人気ブログランキングへにほんブログ村 外国語ブログへ にほんブログ村 海外生活ブログ ベルギー情報へ
author:駆け出し俳優, category:週末紀行 - 英国, 00:07
comments(0), trackbacks(0), - -
英国紀行 其ノ三 漱石も歩いた倫敦
3日目。ドーチェスターでゆっくりと眠る事が出来た我々は一気にロンドンを目指します。菜の花畑を越え、草原を越え、牛や羊たちにSayHelloしながらナビを頼りに走破すると、見覚えのある街並みに戻ってきました。



ドーチェスターのベッド屋の向かいのホテル。今回は本当に助けて頂きました。


車を一昨日と同じ駐車場に駐車すると我々は街に出、世界一のショッピングストリートと言われているらしいオックスフォードストリートを目指します。そこにあったのは・・・そう、我らが「UNIQLO」。中に入って色々と衣類を見てみましたが、大変混雑していてロンドンっ子たちも愛用している様子がうかがえました。特に何も買いませんでしたが日本企業のパワーに感服。次回はモスクワ店のサービスでも検証しに行きたいところです。



オックスフォード・ストリートに向かう途中にあったWE WILL ROCK YOUと書かれた派手な劇場?の前の像。これはQUEENのファンの方々にとってはかなり嬉しい場面なのではないでしょうか。


街を歩いてランチ(ビッグベン・バーガー)を摂った後、同期の1人がロンドンに本店のある革ジャン屋?に行きたいというので同行。試着を繰り返し気に入った商品を購入できたようなので何よりです。私も街を散策中にギターショップなどをちらりと覗いたりはしたのですが、何としても買って帰りたいようなギターにはお目にかかれませんでした。というか、いいものは値段も結構高いですしね(笑)


その後は再びトラファルガー広場の辺りまで戻り一昨日と同じホテルにチェックイン。一息ついた我々は、ビッグベンやら、チャーチル像やらを見てテムズ川の方へ向かいました。テムズ川沿いにはロンドン・アイという巨大な観覧車や水族館があるばかりではなく、大道芸人がたくさん出ていたり古本市が開かれていたり、特に目的もなく川沿いを歩くだけでとっても楽しいです。



キングダムというだけあってやはり建築物の荘厳さが一味違いますね英国は。とはいいつつもこじんまりとしたベルギーのグランプラスも好きなのはやはり「住めば都」効果でしょうか(笑)



ツーリストインフォのお姉さんが掘り出してくれたホテル。お城じゃないですよ。


途中、ホットドッグを頬張ったり、テムズ川にかかる橋を渡ったり戻ったりしながらタワーブリッジの方まで歩いてきました。5キロくらいは歩ったのでしょうか、タワーブリッジを渡って北に出る頃には随分と足が疲れた印象がありました。今晩の夕食のあては、タワーブリッジよりもう少し北東のエリアにあるインド人街でインド料理を食すことです(会社のスタッフがわざわざ行く前に地図でこのあたりにうまいインド料理があると教えてくれた)。ロンドンは本当に歩いていてもインド人が多く、インド料理も既に市民の食の中に浸透しているのでしょうかね。



タワーリシ・・・!私なんぞのブログでよろしければ貴君たちを大々的に紹介させて頂きますぞ・・・!


「本当にこんなとこにインド人街があるの?」という感じで歩みを進めていた私達ですが、次第に「レバノン料理」とか「トルコ料理」とかの看板がちらほらしてきて、ある通りに差し掛かった時、そこにはまさにインドが現れました(インド行った事ないですけどね・・・)通りの右も左もとにかくインド料理屋やインド人だらけ、客引きも結構なものです。


我々は客引きには惑わされず「2011何とかシェフズランキング1位!」みたいな張り紙のあるお店に思い切って飛び込んだのですが、なんとこれが大正解!次から次へと人はやってくるし、ナンもカレーも美味しいし、(辛くてビールたくさん飲んでしまいましたが・・・)ロンドンのインド料理もなかなかアツいものを持っていらっしゃる。



美味しいけど辛いカレーのお蔭でこれを2本頼むことを余儀なくされました。


帰りはいい具合に暗くなってきたのでロンドン・アイまでタクシーで参上し、ロンドンの夜景を上空から堪能したのでした。ロンドン・アイはかなり大型の観覧車で10人〜12人程がまとまって乗っていきます。一周して戻ってくる途中に撮影ポイントがあり、それを知らない我々と、ばっちり並んでポーズをとっていたお嬢さん方の対比がなかなか面白かったです。また機会があれば是非とも乗ってみたいです。次回はお嬢さんとね(笑)



10〜12人くらいでゆったりと夜景を楽しむことが出来るロンドン・アイ。
 


昼間でも夜でもビッグ・ベンは見事な態度で立っています。



ロンドンの夜景は見事なものです。次回は是非ともお嬢さんと!


ロンドン・アイから降りた後は、ビッグベンが見えるウェストミンスター・ブリッジをトコトコと通ってテムズ川沿いを歩きホテルに帰着。少し寒かったですがロンドンの夜景はばっちりでした。


インド料理屋でしこたま飲んだコブラビールが大分利いてきて非常に気持ちよく眠る事が出来たロンドン観光の夜でした。ユーロスターを利用してもブラッセルから2時間で来られる距離ですので、次回来た時は街歩きだけでなく劇場・ミュージカル巡りなど、より深く街に食い込んでいければと思っています。また、英国と言えば私の尊敬する夏目漱石大先生が留学していた土地、そして私のエレキギター購入に際し背中を押してくれたローリング・ストーンズ、そして、私の高校時代3年間の時間のほとんどを奪ってくれたRadio Head、そして理由などなくともお約束のビートルズに関連のある土地ですので、次回はこのいずれかに関わる経験が出来ればいいな、と思っています。そんなわけで、明日20日(日)の午前中には列車に間に合うべくロンドンを発ちます。


↓クリック宜しくお願い致します↓
人気ブログランキングへにほんブログ村 外国語ブログへ にほんブログ村 海外生活ブログ ベルギー情報へ
author:駆け出し俳優, category:週末紀行 - 英国, 07:00
comments(0), trackbacks(0), - -
英国紀行 其ノ四 グリニッジ天文台、テスト出るから赤ペン引いとけ
4日目。今日で英国滞在も終わりです。お昼頃のユーロトンネルシャトルに間に合うべく、9時にはホテルをチェックアウト。


そのままフォークストン(トンネルがある場所)に向かうのではなく、ロンドン郊外にあるグリニッジ天文台へと我々は向かいました。


誰もが中学生くらいの社会の教科書で見たことのあるグリニッジは、ロンドンの南東部に位置し、グリニッジ子午線が天文台を通っていることで有名です。どうもそれ以外にも海事都市(マリタイム・グリニッジ)という由緒ある港町としてよく知られているとのことです。


少し場所がわかりにくかったですが、ものの20分もするとグリニッジに到着。天文台はグリニッジ公園の中にあるんですね。



並びには国立海事博物館やら旧王立海軍大学などがあり、海事都市としての性格が色濃くでています。



ロンドンで唯一のプラネタリウム。結構こじんまりとしていますね。



これです、これがRoyal Observatory Greenwichことグリニッジ天文台です!!!


これらを写真に収めることに成功した我々ですが、訪問したのが9時台と早かったため、施設は残念ながら開いていませんでした。帰りの列車の時間もあったため、やむなく外側からの見学のみでこの日は見学終了。



「時」に関する何かが非常に強く感じられる場所でした・・・!



この写真からわずか数mのところに子午線があったらしいのですが、いかんせん施設が開いていなかったのでこの写真で我慢・・・ヨーロッパ人が勝手に決めたのかもしれませんが、それにしてもこのような場所を訪れることが出来てよかったです。


一通りグリニッジ天文台や公園内を見て回ることが出来たので、我々はいよいよフォークストンに向かいます。帰りは特に大きな渋滞もなく、時間に余裕を持ってシャトル乗り場に到着することが出来ました。



帰りの列車に乗り込むのを見送りに来てくれたカモメさん。パンもクッキーも持っていなくて申し訳なかったですが、また来るよ!


そんなわけで、帰りは途中ガス欠の危機などあったものの無事にブラッセル郊外の我が家に辿り着き、「ああ、やっぱり我が家が一番!」などとワインと共に仮の住処で呟いてしまうのでありました・・・


今回の旅は浅く広くの旅でしたので、また劇場やら蝋人形館やら踏み残したグリニッジ子午線やらありますので、必ずやまた英国を訪れます。次回はストーンズやレディオヘッドネタも盛り込めれば尚よろしい。ということで、英国行きの予定があるかたは是非ともお声掛けください。チケットやらなんやら手配致しますのでね(笑)


初めてにしては充分楽しめた英国紀行、Kingdomの威厳を感じることも出来ました。次回週末紀行はポーランド(故郷ロシアではないがスラブ文化圏)でのドタバタ劇をお送り出来ればと思っていますのでまたどうぞよろしくお願いいたします。

というわけで、また月曜日から頑張って参りましょうね、タワーリシ各位!


↓クリック宜しくお願い致します↓
人気ブログランキングへにほんブログ村 外国語ブログへ にほんブログ村 海外生活ブログ ベルギー情報へ
author:駆け出し俳優, category:週末紀行 - 英国, 22:35
comments(0), trackbacks(0), - -