RSS | ATOM | SEARCH
イタリア週末紀行 其ノ一 ドゥオーモお久し振り!初めての国での懐かしき再会
タワーリシ各位、本日もお疲れ様でした。


気が付けば10月に入っていたことに驚きを隠せない私ですが、相変わらず仕事では骨を折りつつ、余暇はしっかり楽しみつつの毎日を過ごしています。


9月中は8月に取れなかった夏休み消化のために金曜日を何日か休みにしたのですが、休みなのに家にこもっていたのでは僕のモノクロライフがカラーになることはないよなあ・・・ということで、思い切って行ってきました長靴の国!


時は9月22日の朝、まだ東の空も白まぬうちに家を出発し、安全運転でブラッセル南駅へ向かいます。そう、今回はコスト節約のためブラッセル南駅〜パリ・シャルルドゴール空港まで鉄道を利用しての旅です。鉄道もエールフランスの航路(陸路ですが)にきちんと含まれていて、チケットもちゃんと出るんですねえ。


CDG空港は巨大な空港ですが、以前出張者のお出迎えのために来たことがあったため幸いターミナル間の移動も難なく出来ました。朝ごはんも食べずに出てきたので、駅で買ったPAULのチョコパンがとっても美味しかったです。


DSC02430.JPG
「ボンジュール、ムシュー各位、機長のピエールです。只今我々の下に見えますのは、かの有名なモンブランでございます。ケーキのモンブランは、この山に似せて作ったからこういう名前なんですよ」とまで言ったかどうかは定かではありませんが、モンブランの辺りだそうです。


CDG空港からフィレンツェ・アメリゴベスプッチ空港までは約2時間。非常にこじんまりとした空港のゲートを出ると、何故か警察のようなおっさんがおいでおいでをしている。何故かそのままパスポートを入念にチェックされたのですが、僕がヒゲを蓄えていたため何か思うところがあったのでしょうか(笑)サンキューと言われて行ってよし!


今回フィレンツェを訪れた目的はパスタでもトスカーナワインでもハムでもない!いや実はその全部でもあるのだが、第一の目的は学生時代サークルで一緒だった同級生(大学は違うけど)、まきちゃんとの再会を果たすためだったのである!!!・・・彼女は現在フィレ ンツェ近郊のアレッツォという街でハラショーな日々を送っているとのこと、サークルの新入生歓迎会に行った日付まで一緒だった僕たちが共に欧州にいる以上再会しない理由はないのです(笑)


空港を出たらタクシーを捕まえ、まずはホテルへと向かいます。10分もかからないくらいだったでしょうか、結構飛ばしてホテル前に到着。フィレンツェの陽気はかなり暑いです。


DSC02434.JPG
Booking.com の予約表を握りしめて受付で待っていると、日本人の女子大生と思わしきお嬢さん方が3名ほど入ってきて後ろに並びました。駅チカだし宿泊する日本人も多いんだろうな、なんて思いながら説明を聞いていると、どうやら部屋の水回りにトラブルがあり予約した部屋が提供出来なくなってしまったそうです。おいおい着いて早々トラブルかい・・と思ったら、代替案としてすぐ近くの豪華ホテルの一室を提供してくれるということで問題は無事解決、それどころか予期せぬホテルのグレードアップにニンマリしてしまいました。


ホテルに無事チェックインした後は、待ち合わせの時間まで少しの間ホテルの周辺を歩き回ります。イタリアは前述の通り全く初めてなのですが、非常に活気があり単に街を歩いているだけで楽しい。そして、いちいち建物の迫力がすごい。短い間でしたが歩いた区画はカバンや革製品の露店がとっても多かったです。



雰囲気は楽しいですが辺りにジェラートを持ったヘンな奴がいないか用心して歩きましたよ。


DSC02452.JPG
フィレンツェ・サンタ・マリア・ノヴェッラ駅。写真ではわかりにくいですが構内、周辺ともにかなりごった返しています。


そうです、この駅の構内にかの有名なマクドナルドがあり、そこが僕たちの再会の場所なのでした、、時計の針が15時を少し回った頃、恐る恐るその約束の地へと歩を進めていくと・・・なんと、まきちゃんがいました!最初はイタリアのモデルか誰かかと思いましたが近づいてよく見てみるとまきちゃんでした!突然の来訪に快く対応してくれてありがたい限りです。サークルのタワーリシ各位、僕たちは欧州で無事再会しましたよ!


挨拶もそこそこにお土産の蕎麦と日本製歯ブラシを贈呈し、翌日の切符を買った後、僕たちは街歩きに出かけました。但し、いきなり有名どころには行かず、まずは駅から北東へてくてくと歩いていきます。近況報告兼街歩き兼おしゃべり。そしてフィレンツェの陽気はかなり暑いです。


DSC02455.JPG
しばらく進むと現れたのがこのバッソ要塞。中世の時代にきっと多くの敵からこの街を守ったことでしょう・・・


更に北北東に進むとようやく目印にしていたラヴァンニーニ通りにぶつかりました。ここまでくればもう少しでアレがあるはず・・・心なしか僕たちの歩く速度も 上がった気がします。地下道を超えた先の住宅街を進んだり曲がったり、そろそろこの辺りにお目当てのモノがあるはずなのですが、、、と、それらしい柵が目に入ったので突撃したところ・・・!


DSC02458.JPG
はい、というわけで、フィレンツェにもロシア正教会はあるんです!ただフィレンツェにいってもつまらない(実際はとっても楽しいんだと思いますが)ということで、何かしらロシア絡みのネタが無いか探していたところ、割と近くにあったんですね。魚の鱗のようなクーポルをかぶった教会、写真の通り改修作業中だったので残念ながら敷地内部に入ることは出来ませんでしたが、これも一味違うフィレンツェのハラショーな楽しみ方、でしょう。


イタリアに来てまでロシアを見るという体験に満足した我々は安心して有名どころの観光へと繰り出したのでした。来た道を引き返し途中で南に折れて辿りついた先は、ドゥオーモという名の広場。


DSC02442.JPG
この八角形の建物が洗礼堂だそうです。歴史的建造物に限りませんが、緑系統の色が使われていることが多い印象を受けました。



いやあ、見事なもんですねえ・・・花の大聖堂ってやつでしょうか。


洗礼堂やら教会やらを外から眺めた我々は、ウフィッツィ美術館に突撃しました。何でもこの美術館は予約なしでは3時間並ぶこともあるそうですが、そこはまきちゃんがしっかりと予約を入れておいてくれたので特に問題もなく中に入ることが出来ました。Grazie!


美術館内部は撮影禁止であったためここで写真をお見せすることは出来ないのですが、美術や世界史の教科書で見たことのあるボッティチェッリの「ヴィーナスの誕生」とか、レオナルド・ダ・ヴィンチの「受胎告知」とか、「あ、教科書で見たことのあるやつだ!」という数々の絵画を素人なりに楽しむことが出来ました。


絵画以外にも天井に書かれているグロテスク?様式の装飾や彫像を「メディチ家すげえな・・・」と言いつつ見て回った我々は、廊下の奥にあるオープンカフェでしばしおしゃべりをして休憩。まだまだ陽は高かったのですが、スプマンテ?というシャンパンのようなお酒を頂きほろ酔い加減で見学しつつ出口へと向かいます。


DSC02469.JPG
スプマンテの向こう側の青空も綺麗だろう・・・?


ウフィッツィ美術館を後にした我々はガリレオ博物館を横目で睨みつつアルノ川沿いを散歩し、ベッキオ橋を渡ります。この橋の上にはかなりの数の宝石店が軒を連ねていて、一目見た感じでは橋の上とわからないくらいでした。橋の中程には川を見渡すことの出来る素晴らしい場所があり、旅人がそれぞれ写真撮影をしたり、景色を楽しんだりしてとても賑わっていました。


DSC02483.JPG
アルノ川沿いから見たベッキオ橋。壁の色がカラフルでとっても素敵です。


DSC02492.JPG
見て下さいなこの素晴らしい景色を!ついついシャッターを押す回数も増えてしまいます。


DSC02489.JPG
・・・橋の上では俳優とも詩人とも釣り人とも見分けがつかぬ若者が黄昏ていたみたいでしたよ、、(笑)


さてさてお腹もいい具合に空いてきた僕たちはそのまま南に下り、ピッティ宮殿の前で気をつけをして写真撮影をしたりしながら今宵のディナーを演出するレストランを目指します。


DSC02502.JPG
宮殿の前は広場のようになっているのですが傾斜がついていて斜面に寝そべっている人などもいました。ストレスマネジメントは大切ですよね。


まきちゃんが知り合いの方に聞いておいてくれた地元で人気だというレストランは、意外にも人通りの少ない静かな通りの中程にありました。日本人のディナーの時間感覚で入ったせいかまだお客さんが来ておらず、まるで貸切状態。中庭の席をお願いしてフィレンツェの空の下でディナーを堪能したのでした・・・


というわけで毎度恐縮ですが(笑)、この日の食卓をより一層楽しくしてくれたヒーローとヒロイン達を以下紹介します!!!


DSC02504.JPG
メニューにはなかったけどまきちゃんが交渉してシェフが作ってくれたブルスケッタ?と、トスカーナ産のワイン。大変オシャレかつ美味な一枚でございました。


DSC02505.JPG
英語のメニューに「トマトスープ」というような記述があったため頼んでみたら出てきた一品。Pappa al pomodoroという名の、スープというよりはおじやのような料理。中央に乗っているフライドたまねぎとの相性が抜群で、僕のようなトマト好きは絶対に気に入ると思います。後で調べてみたところ、ざっくり説明するとトマトソースでパンをグツグツ煮込んだ料理みたいです。いつになるかわかりませんが、万が一家で作ったらアップしますよ!


DSC02507.JPG
そして僕の目の前には、何という名前か忘れましたが、既に切られた状態で出てくるステーキが静かに姿を現したのでした・・ごくり。豪快に広がるバルサミックソースまでもが芸術に見えてきます・・・きっと「ルパン3世」に出てくる石川五右衛門が斬鉄剣にバルサミックソースをたっぷりつけて肉塊をぶった切るとこんな風になるのでしょう・・・(なるのでしょうか?)


DSC02509.JPG
来る途中に飛行機から見下ろしたモンブランがまた目の前にあるかと思ったら、デザートが出てきました。これはモンブランではありませんが、僕が言えることは只一つ・・・そう、今日もまたカロリー超過だ!これまた芸術的なチョコレートソースの描く文様は何を暗示しているのでしょうか・・・


DSC02511.JPG
まきちゃんが頼んだデザートもとっても美味しそうでしたが、ここはグッと我慢・・・察しの良い読者各位からこの写真は「あ〜ん」をして食べさせてもらう直前の写真ではないかという問い合わせが殺到しそうですが、ふふふ、真相は同窓会の時にでも話しましょう。


DSC02513.JPG
そして僕たちは、今宵のディナーを締めくくるべくリモンチェロという甘いけど強〜いレモンの食後酒をウォッカの体でくいっと飲み干してからレストランを後にするのでした。とっても美味しいレストランに招待してくれて本当にありがたい限りです。


帰りは少しでもカロリーを消費するべくとことこと歩いて駅方面へ向かいます。陽が落ちても街には沢山の人が出ていて賑やかでしたが、夜は夜で様々な明かりが街を照らしていてとってもいい雰囲気。イタリアもとても魅力的な国だと思います。大学に出願する時にイタリア語専攻を検討したのも故なきことではなかったのでしょう!


DSC02514.JPG
夜のフィレンツェ散策をしばし楽しんだ後、駅のほど近くでまきちゃんとさよならをしてホテルに帰還。平日とは異なり何も気にせずに眠れるのが幸せです。


美味しい料理も然り、素敵な街並みも然り、僕は瞬く間にイタリアが好きになってしまいました。眼を閉じて次に開いた時には明日になっているのでしょうが、明日は列車に乗ってアレッツォという街に出かけます!


↓クリック宜しくお願い致します↓
人気ブログランキングへにほんブログ村 外国語ブログへ にほんブログ村 海外生活ブログ ベルギー情報へ
author:駆け出し俳優, category:週末紀行 - イタリア, 00:35
comments(0), trackbacks(0), - -
イタリア週末紀行 其ノ二 ライフ・イズ・ビューティフル・イン・アレッツォ!
昨晩(9月21日)は久しぶりの再会におしゃべりも乾杯も盛り上がってリラックス出来たせいかぐっすり眠ることが出来ました。


ホテルをチェックアウトし、今日はとうとうアレッツォに向かいますが、午後の列車の乗るつもりだったのでホテル近くのサンタ・マリア・ノヴェッラ教会を見学。日本人も流石に結構いましたね。割と縦に長い教会なので、ゆっくり見学しようと思ったら思いのほか時間がかかるのかな、という気がしました。


DSC02521.JPG
イタリアでは内部で写真撮影禁止の場所が多いのでしょうか?毎度の事ながらこういう場所にくると日常のカロリー超過を懺悔したくなり小一時間腰掛けて神に語りかけたのでした・・・まあ今夜も超過だろうけどさ・・・


見学を終えると既にお昼を回っており、朝ごはんも食べなかったため駅に向かう途中にピンと来たカフェに入りました。やはり日本人が多いのでしょう、「コンニチワ」と声をかけられました。


DSC02523.JPG
大好物であるサーモンカルパッチョを迷わず注文。お昼からビールも頼んでしまいましたよ。え?うるせえ、誰がクマだ!


カフェで軽食を摂った後にはいよいよアレッツォに出発すべく駅に向かいます。アレッツォは日本人には馴染みが薄いと思いますので、今回はかなり写真を多くします(笑)


DSC02524.JPG
フィレンツェにある駅ともなるとイタリア各地と連絡のある列車が随分とある印象でした。運賃は7€だったかな?とっても良心的ですよね。


DSC02528.JPG
イタリアには鉄男?みたいな方々はいらっしゃらない模様でした・・・列車はとても空いていてどこに乗っても大丈夫でした。


DSC02535.JPG
イタリアの郊外も素晴らしいものですね。なだらかな丘や森などを眺めながら列車はアレッツォを目指します。


DSC02537.JPG
約1時間で目的地に到着。モスクワからリャザンに行くよりずっと早いですね。


アレッツォはとってもこじんまりとしている街のようで、駅前も全く混んでいません。歩いてこの日の宿であるホテル・コンチネンターレに向かいチェックインを済ませます。しばらくするとまきちゃんがホテルまで来てくれました。


DSC02538.JPG
ホテルの屋上にあるテラスから眺めた街の風景。少し雲が多かったですが写真以上にとっても素敵な街並み。やはり建物自体に味がありますね。眼下に見えるのがモナコ広場です。


DSC02543.JPG
ということで、まきちゃんと街歩きに出かけて最初にやってきたのがこのグイド・モナコ広場。広場の中央に立っているのはグイド・モナコ氏です。


DSC02544.JPG
右手の下の本をよく見て頂けるとわかるかもしれませんが、音符がありますね。そう、なんとこのモナコ氏、ドレミファソラシドの音階の発明者だそうなんです!私も下手の横好きでギターを嗜むので、このような出会いに大感激。


モナコ広場を見た後はまきちゃんの案内に任せて街を歩き回ります。駅の辺りから街の郊外に向けて上り坂になっているような感じで、我々は町並みを見つつ街の高い方を目指して行ったり来たりしながら昇って行きました。


DSC02549.JPG
住民の方々には何でもないであろう路地に味がありすぎます・・・


日頃運動していないせいか上りが長く続くと息が切れるような感じですが、何とも言えぬ街並みに歩みはどんどん進んでいきます。


DSC02550.JPG
こうしてたどり着いたのがグランデ広場。ここの広場には傾斜がついており個人的には不思議な印象を受けました。北側には写真に見える回廊があり、売りに出されている一隅もありましたがレストランなどが入っています。またこの広場では馬上槍試合のお祭りのような催しが開催されているそうです。出来ればこの目で見てみたかったのですが、日本の流鏑馬のようなイメージなのでしょうか・・・?(ちなみに流鏑馬を生で見たことはないのですが・・・)


DSC02560.JPG
街の一番高い辺りまできたかな・・・?という辺りから見た景色。緑の公園の中に売店があり、赤ちゃん連れや犬の散歩をしている方々に混じって2人で腰掛けてしばし休憩・・・しっかりと癒されましたよ。


DSC02569.JPG
先ほどの公園から西へ向かうとかなり大きな建物がありました。こちらがアレッツォのドゥオーモです。


DSC02565.JPG
演説のような声が聞こえたので中に入ってみると、なんと結婚式の最中でした!


DSC02567.JPG
花びらの散るヴァージン・ロードの先には新郎と新婦の姿が!いやあ、おめでたい場面に遭遇したものですね僕らは。僕も将来のことをそろそろ真剣に考えなくちゃね・・・


DSC02573.JPG
ドゥオーモを見た後は別のルートで街を下って行きました。途中にあったのがこのイタリア銀行?の建物。特に上の方にある模様が独特だと思いませんか?


DSC02574.JPG
そして僕たちが辿りついた先は、アレッツォ随一のおしゃれスポットと言われる通りです!


DSC02575.JPG
こちらのCAFFE D'EL COSTANTIに腰掛けてまたもやスプモーニを頂いたのですが、何でもまきちゃんの話によるとこのカフェは「ライフイズビューティフル」という映画にそのまま登場するらしいですよ。


ここでは通りに向かって2人で座りアルコール飲料を頂きました。流石にこじんまりとした街だけあって、通りかかる人同士が頻繁に挨拶を交わしています。オープンカフェに腰掛けてゆったりと往来を眺めるのはいいもんです・・・


おしゃれスポットで早くもアルコールを入れてしまった僕たちは、引き続き街を下って行きます。ブラッセルとは少し違ってアレッツォは歩き回ると結構暑い陽気でした。


DSC02578.JPG
超人気のジェラート屋でヨーグルト味のジェラートを頼んでもらいましたがとっても美味しかった!人気店とそうでないお店は並んでいるお客さんの数が一目瞭然で違って面白いくらいでした。


ジェラートを食べながらトコトコ歩いていると、おっ、何だか先程見たような街並みが・・・途中で郵便局をかすめたのですが、この日は閉まっていたみたいで残念。そのまま語学学校がある辺りをうろちょろしたり、線路の近くを東側に向かったり、街歩きは留まるところを知りません。


DSC02581.JPG
映画館「EDEN」。何だか禁断って感じがしていいですね・・・18時半頃に前を通りかかったのですがこの時間はまだ開館していなかったのです。一日一本しか映画を上映しないらしく、しかも全然混んでいないというなんとも愛らしい存在(笑)


そのまま道に沿って少し北に向かって歩いていくと・・・おやおや珍しい建造物が・・・


DSC02582.JPG
なんとこれは闘技場の後らしいですよ。コロッセオというやつですか・・・イマジネーションを駆使して眺めてみると観客とグラディエーターが見えますよね・・・?


登ったり降りたりしながら街歩きをしたおかげでお腹もいい具合に空いてきた僕たちは、少し早いかな?と思いながらもまきちゃんオススメのレストランに向かったのでございました。皆様、テーブルクロスとフォークのご用意を!(笑)


DSC02588.JPG
僕たちが入ったときは人もまばらだったのですが、出た時にはこんなに待っている人が出る程の人気レストランでした。店長は若いのですがワイルドな感じでとても素敵でした。僕もあと2割減くらいで近づけるかもね・・・


というわけで、毎度まいど恐縮ですが、旅で出会った様々な景色や体験をより一層色鮮やかにしてくれた素敵な道連れメンバーを以下紹介します!!!


DSC02585.JPG
今晩のワインはこれまた素敵な入れ物で出てきましたよ。そしてこの大迫力のハムと結構クセのあるチーズ。チーズに限らず私はクセのあるものが大好きなので無問題。流石に全部は食べられませんでしたが。


DSC02586.JPG
本場のパスタとは何ぞや?アルデンテとは何ぞや?これらの問いに対するひとつの答えがこれかもしれません。こちらは一見うどんに見えるほど麺が太いのですが、トスカーナ地方の名物のピチという手打ちパスタです。口に入れてみてびっくりしたのですが、モチモチ感が半端ないです。今まで味わったことのない完食。いや、感触か。いや、でもやっぱり完食ですね。


パスタのボリュームも結構なものだったので、肉などのメイン料理は摂らなくてもお腹がいっぱいになりました。誰に聞いてもイタリアは食べ物が美味しいという意見ばかりでしたが、本当にごもっともですね。


DSC02587.JPG
さて、え〜、もう特に説明をする必要もないのかもしれませんが、そうです、今日もカロリー超過です・・・これは何となく僕の大好物であるダン・ブロンシュを彷彿とさせるようなデザート。チョコは熱くなかったのですがとっても美味しかったですよ。


大満足のうちにレストランを後にした僕たちは、夜のアレッツォを歩きました。夜は夜でまた違う表情が伺え、そして胃袋の中にすっぽりと収まった料理も消化出来てめでたしめでたしです。



『映画館「EDEN」、オープンです!』 中に素敵なカフェがあるというので、今晩リモンチェッロを飲まなかった僕たちは迷わず前進して行きました。



内側にはプールに囲まれたこんな素敵なバーがあり、ここのオープンテラスで僕たちはカクテルを傾けたのです。月明かりの下、アルコールも手伝ってかなり色々な話が出来て良かったです。しかしもう僕たちは大学生じゃないんだね・・・


時間もいい時間になってきたのでホテル方面に向かうと若人達が集結している。土曜の夜ですからこれもまた良いでしょう。明日の午後の便でフィレンツェからパリに飛び列車でブラッセルに戻るため、今回快く応対してくれたまきちゃんによ〜くお礼を述べてさよならをしました。Grazie Mille!でいいんだよね?


ホテルに戻ってからはぐっすりと眠り込み、翌日の午前にアレッツォを発ちました。こじんまりとしていてとても味のある街でしたねアレッツォは。音楽に関する出会いがあったのも嬉しかったですし、料理も抜群。勉強するにもとってもいい環境でしょう。今回の訪問でイタリアをいたく気に入ってしまったので、是非とも他の街にも訪れてみたいと思っています。



さらばアレッツォ!また会う時まで!


帰路は特に大した問題もなく無事にフィレンツェの空港に到着することが出来ました。



アメリゴ・ベスプッチ空港にて。キリル文字が見られて嬉しいです。僕が利用したのはエールフランスですけどね。



些か急ぎ足だったかもしれませんが本当に楽しい旅でした。今後当分の間、会社や出張先でイタリア人に会った際にはこの時の話を持ち出すでしょう(笑)そしてイタリア語もかじりたくなりました!


結局パリ〜ブラッセル間の鉄道が僅かに遅れたため家についたのは21時過ぎでした。翌日からまた仕事と思うと些か気が沈みましたが、時にはイタリア人のような明るさと陽気さで仕事に取り組んでみるのも楽しいかもしれませんね。これも俳優修行のうちとして、また引き続き頑張って行きますよ!


↓クリック宜しくお願い致します↓
人気ブログランキングへにほんブログ村 外国語ブログへ にほんブログ村 海外生活ブログ ベルギー情報へ
author:駆け出し俳優, category:週末紀行 - イタリア, 01:09
comments(0), trackbacks(0), - -